イベント詳細

  • Date:

気になるその症状・・・
「化学物質過敏症」という病気かもしれません!

化学物質過敏症とは、わずかな化学物質で、全身にさまざまな症状を引き起こす病気です。
一度に多量の化学物質にさらされたり、少量でも長期にわたり取り込み続けることにより、その人の身体の許容量を超えた時に身体反応として一気に発症する怖い病気です。
シャンプー・柔軟剤・合成洗剤・・・農薬・殺虫剤・食品添加物・・・衣服・化粧品・・・
と、世の中と日常は、様々な化学物質で溢れかえってます。
これは年齢・性別に関係なく、いつでも誰でもかかる可能性がある新しい病気です。
まだ一般にはあまり認知されていない化学物質過敏症!
最近話題の「香料」などで不快な思いや体調が悪くなったら要注意です。
化学物質過敏症の症状には、集中力・記憶力・思考力・意欲の低下など発達障害に似ているものもあります。
実は、かなりの方々が、うつ病でもなく、発達障害でもなく化学物質過敏症です。
しかし、診断できる医師がいないた為に、誤診されて、間違った薬を処方されて、さらに悪化していくのです。
うつ病や、お子さんの発達障害を疑う前に・・・
原因が化学物質にあるこの病気を、この機会にぜひ学んでみませんか?

◇日 時   1月20日(土) 10:00~12:00
◇参加費  2500円
◇講 師   みやぎ化学物質過敏症・アレルギーの会 ぴゅあい 副代表 福来 崇(環境アレルギーアドバイザー)