イベント詳細

  • Date:

医師として活躍する畠山昌樹さんは、スペルガー症候群。

防衛医科大を卒業後、整形外科医として開業。現在は執筆活動や、発達障害への正しい知識を普及するための講演活動にも力を入れています。

様々な特徴を持つ発達障害を持つ人は、人口の約10%だと言われています。

しかし周りが正しい知識と認識を持ち、声がけや接し方を変えるだけで、劇的な変化を遂げた方もいます。

今回は苦手なコミュニケーション力を身に付ける努力をした畠山先生の実体験をもとに、どうすればスムーズな人間関係が築けるか、社会の一員としてその個性と能力を発揮するにはどうすれば良いかなどをお話いただきます。

講演終了後、個別相談も予定しています。

 

~畠山先生プロフィール~

畠山 昌樹

1974年3月21日大阪生まれ。1992年金蘭千里高校卒業後、防衛医科大に入学。1998年防衛医科大卒業後、防衛医科大学病院研修医を経て、2001年より自衛隊医官として仙台市で勤務。自衛隊退職後、大泉記念病院整形外科、石巻ロイヤル病院整形外科部長を経て1010年、八木山整形外科クリニックを開業。

2011年東日本大震災で被災。2012年維新政治塾に参加、衆院選(宮城4区)に立候補するも落選。その後、都内や仙台市内の病院で外来や在宅診療を掛け持ちで担当しながら、発達障害への正しい理解を普及するための講演活動などを行い、2015年11月に初の著書『ぼくはアスペルガーなお医者さん』(株式会社KADOKAWA)を発刊。

 

◇日 時  9月29日(土)13:30~15:30

◇参加費  1000円

◇定 員   30人

◇個別相談  16:00~19:00  5400円/25分  1080円/50分

*要予約