女性ホルモンは、女性の心と体に密接に関係する重要な働きを持つ物質です。

女性ホルモンは血流に乗って全身をめぐり、卵巣や子宮、乳腺ほか、全身の器官に影響しています。

ところが、女性ホルモンの分泌量は30歳をピークにそれ以降は徐々に低下、45歳ごろには急激に減少します。

それによって起こる様々な機能の低下が、更年期障害と呼ばれています。

女性ホルモンのことをよく知ってホルモンバランスを整え、いつまでも美しく健康な日々を過ごしたいものですね。

ここでは、この女性ホルモンの種類と役割、更年期障害の治療方法と注射に頼らず女性ホルモンを増やして乗り切る方法についてまとめました。

女性ホルモンで健康

女性の不調の悩みの元、女性ホルモンのしくみとは?

そもそも女性ホルモンはどこで作られているか知っていますか?脳?子宮?答えは卵巣です。

脳からは「女性ホルモンを分泌せよ」という指令の卵胞刺激ホルモン黄体刺激ホルモンが分泌され、それを受けて卵巣がホルモンを分泌するしくみになっています。

女性ホルモンには、大きく分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、それぞれ違った働きをしています。

女性ホルモンの悩み|卵胞ホルモン・エストロゲンのはたらき

女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしく丸みをおびた体つきをつくったり、肌や髪、爪などの潤いやハリを保つ役目を担っています。女性らしい体の美しさはエストロゲンが作っていると言っても過言ではありません。

さらに、エストロゲンには脳細胞の活性化、感情のコントロール、記憶力や情緒の安定のほか、骨の密度を高めたり血管を丈夫にしたりする、血液中のコレステロールを調節して動脈硬化を防ぐなどの意外な働きもしています。

女性ホルモンの悩み|黄体ホルモン・プロゲステロンのはたらき

もう一つの女性ホルモン・プロゲステロンは、妊娠・出産の手助けをする大役目を担っています。

排卵を促し、子宮内膜の環境を受精卵が着床しやすいように整える、妊娠後に胎盤のコンディションを安定させるほか、基礎体温の上昇、乳腺発達、食欲増進、利尿作用などの効果もあります。

なお、プロゲステロンは生理前に分泌が盛んになり、乳房の張り、イライラ、うつ状態、肩がこるなどのあまり歓迎されない作用も引き起こします。

妊娠・出産に関わる女性ホルモン

女性ホルモンの悩み|女性ホルモンのバランスの変化が起こす月経前症候群(PMS)

生理前になるとイライラしてしまったりうつに似た症状が表れるのは、イライラ・うつを起こすプロゲステロンの分泌量が増え、感情を安定させる作用を持つエストロゲンの分泌量が減少するためです。

これらの症状は月経前症候群、または月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。不規則な生活習慣や、無理なダイエットでホルモン分泌が減ると重症化しやすいと言われています。

→ 仙台で月経前症候群・月経前緊張症(PMS)なら|体温を上げ睡眠の質を良くする

女性ホルモンの減少で起こる悩み更年期障害

更年期障害は、自律神経失調症の一つで、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる身体的・精神的不調のことです。

個人差はありますが、女性の閉経年齢は50歳頃が多いと言われます。40代半ばを迎えると、卵巣の機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

エストロゲンの分泌量が減ると、それに気づいた脳は「エストロゲンをもっと分泌してね」という指令の卵胞刺激ホルモンをたくさん分泌します。

ところが、更年期の卵巣はそれに応えて必要なだけのエストロゲンを分泌することができません。

このように卵胞刺激ホルモンは増加しているのにエストロゲンが追い付かない、ホルモンのバランスが崩れた状態が自律神経を乱します。

女性ホルモンの悩み|女性更年期障害の症状

女性更年期障害には、以下のような症状が現れます。

  • 神経質のぼせ
  • 冷え
  • うつ
  • 動悸
  • 体のほてり(ホットフラッシュ)
  • 脈が早まる
  • 多汗(スウェッティング)
  • 月経異常
  • めまいなど

女性ホルモンの減少で起こる更年期障害

更年期障害|ホルモンバランスの乱れ意外の原因

更年期を迎える40代半ばには、ちょうど子供が独立し、一方で夫は定年を迎える、あるいは親に介護が必要になるなどのライフステージの変化が重なります。

生活のリズムが急激に変化する精神的ストレスや、家族の関係性の変化、その他職場でのストレスなども加わり、更年期障害の一要因となります。

また、近年ではまだ30代など早い時期に更年期の症状が出る若年性更年期障害が見られ、プレ更年期障害とも呼ばれます。逆に40代、50代でも症状がほとんど出ない人もいれば、日常生活に支障が出るほど重い症状の人もいます。

生活習慣を見直しストレスに対処することが更年期障害を軽減するのではないかと考えられています。

なお、女性だけでなく男性の更年期障害もあります。

男性更年期障害(LOH症候群)男性ホルモンの減少の症状と改善方法

女性ホルモンを増やすホルモン補充療法(HRT)

更年期障害の治療には、エストロゲンを投与するホルモン補充療法が一般的で、エストロゲンの分泌量減少に伴うさまざまな症状の軽減が期待できます。

医師が処方する飲み薬、貼り薬、塗り薬に健康保険が適用。ホルモン注射によるホルモン補充療法は保険適用外となっており、費用は1000円~1万円程度とまちまちです。

ホルモン補充療法

更年期障害におけるホルモン補充療法の副作用

 

ホルモン剤の副作用には、以下のようなものがあり、体が適応する1~2カ月以内にはおおむね治まると言われています。

  • 不正出血
  • 乳房のハリ
  • 下腹部の痛み
  • 胃のむかむか
  • むくみなど

これらは女性ホルモン本来の働きによるものです。

 

  • 子宮がんリスク

エストロゲン単体を長期に渡って投与し続けた場合にのみ子宮体がんのリスクが高まると言われています。定期的に黄体ホルモンを投与することでリスクはほとんど軽減されます。

なお、乳がんリスクが指摘されたことがありましたが、その後の研究で否定されています。

 

しかし、ホルモン剤の使用を止めればまた症状は現れますので、最終的には生活習慣を改善してホルモンバランスを整えたいものです。

死ぬまで対症療法を続けますか?仙台で自然治癒力を高め、根本治療をしたい人へ

女性ホルモンを体の内側から増やす方法

乱れた食生活、ストレスや無理なダイエットで減ってしまった女性ホルモンを増やすには、睡眠や食事などの生活習慣を改善すること、イソフラボンを含む食品や、女性ホルモンのバランスを整える効果のあるハーブを取り入れる方法もあります。

良質な睡眠で女性ホルモンの分泌を助ける

ホルモンのバランスを整えるには、良質な睡眠が必要不可欠です。

「短時間の睡眠で大丈夫」という人もいますが普通は6~8時間の睡眠をとらないと身体は休まらないと言われます。

しかしどんなに長い時間を寝ても眠りが浅く睡眠の質が低くいと疲れが残ってしまいますよね。

睡眠の質を良くするためには、

  • 適度な運動をする
  • 日中に太陽のような強い光を浴びる
  • 湿度50%を保つ
  • 間接照明を利用
  • 就寝30分前に入浴
  • 眠りを誘うラベンダー等のアロマを利用
  • 暗闇でスマホなの画面を見ない

などの方法があります。あまり神経質にならず、リラックスできるように工夫してみましょう。

良質な睡眠

質の良い睡眠の条件、睡眠の質を高める方法とは? 仙台でぐっすり眠りたいなら

寝つきが改善!仙台の調圧ルームアトモスの口コミ

50代女性、腰の痛みに20年間悩まされてきました。

腰が痛くて正常に歩くことができず、夜も寝がえりを打つたびに目が覚めて熟睡できないため睡眠不足に。

あちこちの病院に行っても治らなかったと言います。

腰痛

調圧ルームを3回利用して歩いても痛みを感じないほどに回復しました。

その夜は、寝返りを打っても腰の痛みが無く、20年ぶりにぐっすり熟睡できたそうです。

他にも、「偏頭痛が取れて眠りが良くなった」「力仕事や運転の疲れが取れる」

「子供の夜泣きで睡眠時間が短いのに、眠りが深くなり疲れにくくなった」とのお声も聞かれます。

調圧ルームの中では、気圧の上下で体温が上昇。副交感神経の働きが活発になるようです。

皆さんリラックスモードでウトウトされています。

熟睡したい方は、仙台の調圧ルーム「アトモス」にぜひお越し下さい。

女性ホルモンに似た働きのイソフラボンを効果的に摂取

次に、女性ホルモンの働きを補ってくれる食品について。

有名な食材に、豆乳や納豆に入っているイソフラボンというものがあります。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれる有り難い成分。女性ホルモンが不足しているところに作用して機能を改善してくれます。

しかし、腸内環境が整っていないと体外に排出されてしまうそうです。

菌活で腸内細菌を元気にしよう!仙台で大腸ガンを予防するなら

腸内環境を整えるには血流と冷えに気をつけたいところ・・・身体を温めるような食品を食べましょう。

食事の時に温かいスープを取り入れたり、野菜を摂るにもサラダではなく冬野菜や根菜のスープなどにすると身体が温まりますよ。

他にもビタミンEを摂ると効果的で、ナッツ類・緑黄色野菜・オリーブオイルなどの食品に多く含まれています。

冷えは万病の元と言うように、冷えは女性の天敵です(+_+)

身体を温め、栄養のあるものを食べ、体質改善しましょう。

冷え症が招く病気と冷え対策の生活習慣|仙台で冷え性を改善するなら|口コミ多数

冷えを改善する仙台の調圧ルームアトモスの口コミ

調圧ルームは、気圧を下げたり戻したりすることで、細胞が酸素を取り込む力を活性化させる生命治癒力向上装置です!

室温はそのままなのに、約100人中100人の体温が上昇し、動悸、脈拍は変わりません。

NHKの「ためしてガッテン」でもその様子が放映されました!

調圧ルームを利用された方からは、

「足のつま先まで温かくなった」「靴下を履かずに寝られるようになった」と多数の口コミをいただいています。

冷え性にお悩みの方は、ぜひ仙台の調圧ルーム「アトモス」をおためしください。

女性ホルモンのバランスを取る効果のあるハーブ

女性ホルモンのバランスを整える効果のあるローズカモミールセージなどのハーブを取り入れるのもおすすめです。

ハーブの効能とリラックス効果をハーブティーでいただきましょう。

女性ホルモンバランスハーブティー

更年期・生理不順時に飲みたい女性ホルモンバランスハーブティーのつくり方
  1. ティーポットとカップに熱湯を注いで温めます。
  2. ポットのお湯を捨て、ドライハーブ適量を入れ、熱湯をゆっくり注ぎます。
    「カモミール+ペパーミント」「セージ+カモミール」「ローズのみ」など、お好みでブレンドしてみましょう。
    ※妊娠中は避けてください
  3. フタをして5分ほど蒸らします。
  4. ティーポットを軽くゆすってから、茶こしを使ってカップに注ぎます。

日本茶の要領ででき、意外とかんたんですね!

仙台でハーブの買えるお店は、
仙台三越とエスパル ハーブ専門店 enherb (エンハーブ)
アエル カリス成城
ララガーデン長町 杜のハーブ園ハーブギャラリーVieFUJlSAKl
仙台セルバ、仙台パルコ 生活の木
定禅寺通り 定禅寺ハーブギャラリー
などです。

お部屋やお庭でハーブを育てて、フレッシュハーブティーにしても心が安らぎそうですね!

 

 

いかがだったでしょうか?

皆さんのキレイを作っているのは女性ホルモンなのですよ(^_^)

仙台にある調圧ルームでは、気圧の変化で細胞を活性化し血流を良くしてくれます。

血流が良くなると酸素、栄養、ホルモン、熱が全身に運ばれるので体温の上昇とスッキリ感を実感できます!

体質改善したい方は是非ためしてくださいね。

調圧ルームについて、詳しくはこちら!