低体温ががんの元

みなさん、ご自分の平熱をご存知ですか?

健康な人の平熱は36.5~37.1℃です。

しかし現代は平熱が35℃台の低体温の方が非常に増えています。

低体温は免疫細胞と大きな関わりがあり、低体温をそのままにしておくと

様々な病気やガンまでも発症してしまう恐れがあります。

 

低体温とがん|体温と免疫力の関係

 

体温が上がると血流が良くなり免疫力が上がるのはよく知られていますが、なぜ体温が上がると免疫力アップに繋がるのでしょうか?

血液は私たちの身体の細胞一つ一つに栄養と酸素を送り届け、老廃物を持ち帰る働きをしています。血液の中には皆さん良くご存知の白血球があります。この白血球は免疫機能を持っていて身体の中をパトロールしています。

 

しかし体温が下がり、血液の流れが悪くなると、体内に異物を発見しても、それを素早く駆除してくれる白血球が集まりにくくなり、ウィルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまいます。

低体温はガン細胞に最適な環境

実は白血球はウィルスや細菌だけでなく、がん細胞が身体の中に出来るたびに、攻撃して死滅させてくれます。健康な人でも一日5000個のがん細胞が発生すると言われています。そのうち1個でもこの免疫監視システムを掻い潜って残ってしまうと、そこからがん細胞の増殖が始まってしまいます。

健康を維持してくれる免疫力は体温が1℃下がると30%も低下してしまいます。

単純に計算しても1日1500個近くのがん細胞が、見逃されて増殖する可能性があるということです。体温が正常に保たれていれば、この免疫システムも正常に働き、健康が保たれるということです。

低体温とがん|日本人の体温が下がっている

50年前と比べて日本人の平熱は0.7℃も下がっていると言われています。

その一番の原因は筋肉量の低下と考えられています。昔に比べて交通機関や家電が飛躍的に充実したため、50年前の方々と現代人は体力も筋力もくらべものにならないくらいです。筋肉は人間の身体の中でエネルギー生産を一番するところですので、筋力が低下すれば当然体温が下がり、基礎代謝も悪くなります。基礎代謝とは、じっとしていてもエネルギーを消費している状態のことですので、基礎代謝が落ちれば当然、カロリーが消費されず、内臓脂肪が増えて痩せにくい体にもなってしまいます。

 

次に考えられるのはストレスです。

ストレスと言えば、人間関係や仕事のプレッシャーなど精神的なものが多いと思われがちですが、温かい部屋から寒い外に出た時とか、エアコンの効きすぎた部屋で長時間過ごした時とか、不規則な生活などもストレスになります。

ストレスによる低体温

このようなストレスは「自分自身が自分の健康を保とうとする力」を著しく低下させる原因になります。

 

そしてこの自分自身で自分の健康を保とうとする力の一つに、自律神経のバランスがあります。自律神経とは「交感神経」「副交感神経」の二つから成り立っていて、活発に活動しているときは交感神経が優位な時で、リラックスしているときは副交感神経が優位に立っています。

 

私達はこの二つがバランスよく働いてくれることで様々な病気から守られていますが、

このバランスが崩れてしまうと血流障害がおこり、低体温をひき起こしてしまいます。

 

では、実際交感神経が過度に緊張したときはどうなるのでしょうか?

白血球内の顆粒球という成分が増殖し、その顆粒球が死滅するとき、大量の活性酸素を発生します。それにより血液が酸化してしまい、これが血液ドロドロの原因になり、血行が悪くなり低体温の原因になってしまいます。

 

逆に副交感神経が過度に働くと、血管が拡張するので血流は良くなります。しかし、血管の幅が広くなっても流れる血液の量は変わりませんから、やがて流れは滞るようになります。

その結果やはり血流が悪くなり低体温を招いてしまいます。

 

低体温とがん|低体温を治す方法。平熱を上げるには?

筋力アップで低体温改善

低体温を治す方法1|筋力アップで低体温改善

まず筋力をつける手っ取り早い方法は、毎日30分歩くことです。加齢による筋力の減少率は年間で1%と言われています。また、一日中動かないでいると0.5%の筋力が失われてしまうとも言われています。一度に30分歩くのが難しければ、10分ずつ3回に分けても構いません。最低3か月続けてみましょう。何らかの成果が出るはずです。

 

そしてこの筋力低下に深く関わってくるのが、巷で定着している「塩分控えめ」です。塩分を摂り過ぎると脳卒中や高血圧、胃がんなどの原因になるので、塩分は控えめにと言う啓蒙です。そもそもミネラルたっぷりの良質な海塩であれば、かえって血圧を下げる効果もあるのですが。

 

どうして塩分控えめが筋力低下と関わってくるかと言うと、細胞内にナトリウムが入ってくると細胞が縮み、細胞内からカリウムが出ていくと細胞が緩みます。こうした細胞の弛緩により筋肉が動き、熱が発生します。このナトリウムとカリウム

が不足すると、細胞の弛緩運動が鈍くなり、熱が発生しにくくなります。ナトリウムもカリウムもミネラルの一種で、良質の塩にはたくさん含まれていますので、低体温の方は良質の塩分を摂取することは大切になってきます。

低体温を治す方法2|ストレス解消で低体温改善

また低体温を解消するためにも、日頃からストレスを溜めこまない生活を心掛けるべきですが、なかなか難しいと思います。特に精神的ストレスの軽減は、環境を変えるなどの具体的措置が必要になってくることもあるので、そう簡単にはできません。

 

また、自律神経の乱れも同じです。お医者さんに行って、不調の原因が分からないと、自律神経のバランスが乱れていると言われた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

100人中100人の体温が上昇する調圧ルームで低体温を改善|仙台の調圧ルーム・アトモス

03-1024x673

このようにご自分の努力だけで低体温を解決できないときに、是非利用して欲しいのが仙台調圧ルームです。

仙台調圧ルームは気圧を上げ下げして、細胞一つ一つに酸素を送り込み、エネルギーを発生させる、生体治癒力向上装置です。1回の入室で平均1.029℃体温が上がるとの結果が出ています。

ガン細胞が低酸素・低体温状態を好むことから、調圧ルームは癌の補完代替医療としても注目されています。がん治療と併用して、または治療後の再発予防に、多くのがん患者さんにご利用いただいています。

一日30分歩くこと、そして週2~3回調圧ルームに通うことを日課としてくだされば、低体温は改善され、免疫力がアップします。毎日充実した日々を送るために一番大切なことは、やはり健康です。今一度。ご自分のお身体に向き合ってみてはいかがでしょうか!?