ヒートショック

冬に多くなる事故といえば、さて何でしょう?

実はそれがヒートショックといわれるものなんですね。これからの時期はテレビのニュースを時々にぎわす話題でもありますので、知っている方はおさらいで、知らない方はしっかりと確認してみてくださいね。

ヒートショックは○○の事故よりも多い

これからの時期、テレビのニュースをにぎわす事のあるヒートショック事故ですが、かなりの方が知らない事実があります。ヒートショックで亡くなる方は年間で1万人以上いるといわれています。この数字は交通事故で亡くなる数字をはるかに上回るとされています。

沢山の死亡者が出ているヒートショック事故ですが、そのわりに対策をしている方は少ないのではないでしょうか?老若男女どの様な方でも起こりうる事故ですので注意してくださいね。

 

ヒートショック事故のメカニズム

突然ですが、『シバリング』をご存知ですか?ヒートショックはシバリングが起こるような環境下で起こりうる事が多い事故なんです。シバリングとは体温が急激に下がった時に、身体(筋肉)をブルブルと細かく震わせて、体温を上げようとする生体反応の一種です。

 

『体温が急激に下がる状態』とは、どの様な環境や時間でしょうか?例えばお風呂上がり、温まった身体で暖房の効いていない脱衣場に入った瞬間とか、温めた寝室から寒い廊下に出た瞬間とか、廊下から 窓を開けっ放しにして、冷たい外気の入ったトイレに入った瞬間などがあげられます。

 

急激な寒暖の差が起こると、身体ではどの様な変化が起こるのでしょうか?このヒートショックに限っていえば、大きな影響を受けるのは血管です。急激に寒い・冷たい状態にさらされると、血管が急激に収縮し血液の流れを阻害してしまいます。その時に血流が阻害されるだけならまだしも、血流を止めてしまう場合があります。心臓で血流が阻害されれば狭心症や心筋梗塞、脳で起これば脳梗塞や 脳内出血の原因となり、最悪の場合は死亡する場合があります。

実は一年中起こっているヒートショック事故

これからの時期は外気温が下がり、室内との寒暖の差が大きくなります。又 室内でも暖房の効いた部屋とそうでない部屋では寒暖の差が大きくなります。ヒートショック事故が多くなるのもうなずけますね。ところが…ヒートショックは冬場の事故だけではないんです!

シバリングがおこる環境を思い浮かべてみて下さい。夏の暑い日 にスーパーに買い物に行ったら、冷房がすごく効いていて身体がブルブルっと震えてしまう。こんな経験ありませんか?実はこの状態も身体(血管)にとってはもの凄く負担がかかっている状態です。血流が阻害され めまいやふらつき、そしてヒートショックに繋がっていきます。

ヒートショックは老若男女に関わらず起こるとされていますが、動脈硬化の進んでいる方の方が影響を受けやすいようです。つまりどちらかと言えばご年配の方や不摂生している方に多くなる傾向があります。実際に高齢者が家で亡くなる原因の四分の一にヒートショックが関係しているといわれています。

 

入浴ショック死

ヒートショックと逆の状態、寒い所から温かい所への急激な環境変化でも身体に負担がかかり、最悪場合 死を招くケースもあります。逆の状態 死を招くケースとは、…例えば入浴前に寒い脱衣場で着替えを行うと、寒さの為に血管が収縮してしまいます。血流は悪くなるもののこの段階では体調に変化はありません。ところがその後 温かい湯船の中に一気に入る事により、身体の血管が一気に拡張!脳に血液が回らなくなり強烈な睡魔に襲われます。そのまま浴槽の中で眠ってしまい、溺れて溺死してしまいます。入浴前にはかけ湯を行うと事故防止にも一役かいます。

 

ヒートショック事故を防ぐ方法

ヒートショックも入浴ショック死も、この時期から多くなる血管疾患の一つです。原因は単純明快、身体に対する「気温の差」だけです。対策としては、室内であれば寝室・廊下・トイレ・浴室・脱衣場等の温度差を、小型の暖房器具などを使用して少なくする事。室外に出かける時は洋服を調整して室内との気温差に注意する事 等があります。自分の健康や命、家族の健康や命を守る他無にも、是非 温度差を少なくして悲しい事故を無くしましょう。