健康には気を付けているのに、滅多にない頭痛に見舞われ、それだけではなく吐き気まで出て具合が悪くなってしまった。

風邪や食中毒でもないらしい。その症状、もしかしたら眼精疲労が原因かもしれません。

仕事ではずっとパソコンやモニターを見っぱなし、帰りの電車の中でもスマホでゲーム、家に帰ったらテレビを見ながらネットサーフィン…

何気ない日常生活の中で、私たちは目を酷使していて、疲れ目眼精疲労になるリスクがいっぱいです。

仙台で眼精疲労なら

眼精疲労は目がかすんだりショボショボしたり視力が低下したりするだけでなく、頭痛や吐き気、肩こりなど体の色々なところに不調を起こす恐れもあります。

しかしスマホ無しでは生きていけない現代の私たちににとっては、目への負担を完全に取り除くことは困難です。

それでも、目をいたわって疲れ目を回復させ、眼精疲労によって起こる不調を予防することはできます。

ここでは、目が疲れるメカニズム、疲れ目と眼精疲労との違い、眼精疲労の原因から予防・対処法までご紹介します。

目が疲れるメカニズム

目は、何かを見る時にカメラのレンズのような働きをする水晶体の厚みを調節することで、見たい対象物にピントを合わせています。

この水晶体を調節するのが毛様体と呼ばれる組織で、この毛様体の筋肉が水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。

長時間パソコンやスマートホンなどの近くの物をじっと見ていると、毛様体の筋肉がずっと緊張しっぱなしとなり、その結果、筋肉の疲労を起こし目の疲れが出るのです。

目の疲れと眼精疲労の違い

目の疲れ」は、一時的な目の疲れのことを言います。

ずっと本を読んでいて、ふと遠くの時計を見たら目がかすんでピントが合わない、と言う経験をされたことはありませんか? 一時的に遠くが見えにくくなっても、一晩寝て起きたら解消してまた遠くが見えるようになります。

このように、休息によって自然に解消するものを目の疲れと呼びます。

一方「眼精疲労」はもっと症状が重いもの、長期化・慢性化したもので、目の痛みや充血、かすみなどの症状が出てしまい、休息をとってもその症状が回復しない状態を指します。

比較的症状の軽い眼精疲労の例では、目の調節力を使い過ぎたことにより一時的に目の調整力が低下する「仮性老眼」があります。朝は良く見えるのに夕方にスマートホンが見えづらくなる「スマホ老眼」なども出てきているようです。

もっと重度になると、

  • 目の奥の痛みがなかなか取れない
  • 頭痛や吐き気がする
  • 肩こり
  • 目を開けると眩しくて涙が出る
  • 手がしびれる

などの症状が現れます。

眼精疲労の原因

眼精疲労は、長時間の目の酷使だけではなく、仕事や人間関係などの様々なストレスが原因となる場合も多いと言われています。

また、目の病気が原因で眼精疲労を引き起こす場合もあります。

最も多いのが「ドライアイ」です。目はいつも涙で潤っていて、小さなホコリを洗い流しています。ところが、涙の分泌が少なく目が乾燥していると、目の表面が傷つきやすい状態となります。このドライアイは、眼精疲労患者の60%の人が抱えているそうです。他に、何らかの刺激で角膜炎や結膜炎になっている場合も眼精疲労を併発することがあります。

また、視野を徐々に失っていく緑内障や、左右の目が別の方向を向いて両眼視できない斜視・斜位、まぶたが張れて視野が狭まる眼瞼下垂などの病気では、見えにくい状態の中で何とかピントを合わせようと毛様体筋に負担がかかり、眼精疲労を引き起こす場合があります。

仙台で眼精疲労を予防するなら

まずは原因を取り除き、できるだけ目が疲れない環境を作りましょう。

眼科を受診し、目の病気があれば治療しましょう。ただの疲れ目ではなく、永久に視野を失う緑内障などの病気が隠れているかもしれません。

予防のためには、目の疲れを軽減することと、ストレスをためないようにして自律神経のバランスを整えることが大切です。

→ ストレスからくる自律神経の乱れにご注意を。仙台で自律神経バランスを整えるなら

パソコンやスマホなどの画面は部屋を明るくして離れて見る、ブルーライトカットグラスを着用する、ときどき遠くを見て毛様体筋を緩める、など工夫もできます。

仙台で眼精疲労に対処するなら

目が疲れたな・・と感じたら、症状が酷くなる前に対処することが大事です。

眼精疲労に効くツボを押してマッサージ

眉毛の真ん中にある魚腰(ぎょよう)、目頭と鼻の付け根の間にあるへこんでいる攅竹(さんちく)、目の真ん中下の頬骨のくぼみにある四白(しはく)、目じりの外側にあるへこみにある瞳子膠(どうしりょう)という4つのツボを押すのは効果的です。

眼精疲労を和らげるストレッチ

眼精疲労で首や肩こりを感じる方は多いようです。そんな時はストレッチがオススメです。ストレッチで滞った血行を良くし、筋肉もほぐれやすくなります。

首をゆっくり左右に倒したり、ゆっくり回転させます。そして両肩を上にあげたり下げたりを繰り返します。作業の合間に少し取り入れるだけでも眼精疲労がやわらぎます。

目を温めて眼精疲労を軽減

蒸しタオルや市販のホットアイマスクなどを乗せて温める方法もあります。これは血管を温めることによって、緊張して固まった筋肉をほぐしたり、滞っている血流を流して血行促進を促したり、溜まっている老廃物を取り除くことができます。

眼精疲労にアロマのリラックス効果

アロマの香りを嗅いでリラックスすると、硬くなった筋肉がほぐれるため、血行がよくなって肩や首のコリの緩和にも効果的です。とくにリフレッシュ効果を期待するならミントやベルガモットがオススメです。また熟睡効果のあるカモミールやラベンダーの香りで、熟睡するのも眼精疲労の症状に効果的です。

眼精疲労に調圧ルーム

気圧の上げ下げで細胞が酸素を取り込み活性化する調圧ルームは、半身浴のように体を温め血行を良くする効果があります。

体温が上がると副交感神経が優位になり、リラックスして居眠りをされる方も。

肩が軽くなった感じがしたり、目のかすみが取れて楽になったという声も効かれます。

ある70代の男性は、重い偏頭痛と肩こり、目の違和感に長年悩まされてきましたが、調圧ルームに1回50分、わずか3回入っただけで症状が解消されました。

仙台で眼精疲労と関連症状にお悩みの方は、ぜひ調圧ルームをお試しください。

調圧ルームについて、詳しくはこちら。