改めて油って何?と聞かれると、すぐには返答に困ってしまうほど、私たちの日常に深く関わっているのが油です。食用の油もあれば、燃料に使う油もありますし、植物から抽出した油もあります。仲の良くない人同士を「水と油」というように、油とは水に混ざらないものの総称だそうです。

と言うことでここでは私たちの健康に深く関係のある油について書いていきたいと思います。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

テレビCMでお馴染みの「オレイン酸」や「リノール酸」、これらは脂肪酸の名前です。

脂肪酸には常温で固形となる飽和脂肪酸と常温で液体となる不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸とはバターやラード、ココナッツオイルなどがあり、不飽和脂肪酸にはオリーブオイル、キャノラー油、青魚の魚油などがあります。

飽和脂肪酸は体内で作られるのでたくさん食べる必要はありません。

また不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。一価不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸と同じく体内で作られるのでたくさん食べる必要はありません。

ですが、多価不飽和脂肪酸は「必須脂肪酸」といって人の体内で合成することができず、食べ物などから取ることが必須です。

 

油の種類によって違うオメガ3、6、9

オメガ3とかオメガ6とかオメガ9、この頃よく耳にしますよね。たまに「オメガいくつだっけ?」と数字を忘れてしまう方がいますが、3の倍数と覚えておきましょう。

オメガ9というのが前述した一価不飽和脂肪酸で、オメガ3とオメガ6が多価不飽和脂肪酸になります。

オメガ9の油と効果

オメガ9にはオリーブオイル、キャノラー油、サフラワー油などがあり、総合的にオレイン酸といわれ、いわゆる善玉コレステロールと言われるHDLの値を変えることなく悪玉コレステロールのLDLの値を下げることができます。

 

オメガ6の油と効果

オメガ6の代表的な脂肪酸である「リノール酸」は、LDLも下げると同時にHDLも下げてしまうので、オメガ6にばかり偏ることは避けたいものです。とは言え体内で作ることのできない必須脂肪酸ですから高品質のものをバランスよく取ることが大切になってきます。オメガ6が不足すると肌荒れや肝臓や腎臓のトラブルなども招くことがありますから、程よい摂取を心がけましょう。

オメガ3の油と効果

オメガ3の代表的な脂肪酸は「α・リノレン酸」です。α・リノレン酸は体内で、青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)に変換されます。

血中の悪玉菌コレステロールを低くして善玉コレステロールを高める優れた栄養素ですが、非常に繊細で敏感な性質で劣化しやすいところがありますので、高温で加熱しない、長時間空気にさらさない、光に当てない、低音で保管など取り扱いには気をつけて、新鮮なうちに食べきるようにしましょう。

 

オメガ3を効率よく取れる油が、巷で話題の亜麻仁油です。ですが、いくら体に良いからといってオメガ3ばかりを摂取していると、今度はオメガ6欠乏症似なってしまいますのでご注意くださいね。

 

オメガ3とオメガ6の理想的な摂取割合は「1:4」と言われていますが、日本人の食生活を考えるとどうしてもオメガ6を多く摂取しがちとなります。オメガ6を過剰に摂取するとアレルギーや炎症、血栓の促進に繋がることもあるので要注意!!

 

今日は残暑の厳しい一日でしたが、それでも秋の足音の気配はあちこちでする仙台です。