新陳代謝を上げる方法

新陳代謝は体の建て替え

新陳代謝って良く聞きますが、言葉で説明する事は出来ますか?……

wikipediaでは→『新陳代謝とは、古いものが新しいものに次々と入れ替わることを言う。

特に、健康法や美容法において「細胞の新陳代謝」などという使われ方をするが、これはしばしば生化学における代謝の意味ではなく、細胞自体の入れ替わりを意味する表現である。そして、新陳代謝は、生命維持に不可欠なものである 細胞の新陳代謝が正常であれば身体は3ヶ月で新しく生まれ変わる。』とあります。

 

つまり私達の身体は毎日 毎日 建て替えられている 家やビルと同じなんですね。今この瞬間も一生懸命作業中です!

 

新陳代謝と基礎代謝

実は代謝といわれるものには、新陳代謝の他に基礎代謝・水分代謝・脂質代謝などさまざまな代謝があります。その中でも よく耳にするのは基礎代謝ではないでしょうか。

水分代謝

私達の身体の中には様々な水分があります。例えば血液・リンパ液等です。実は私達の身体で最も多いのがこの水分で体重の60%位を占めているといわれています。身体の外から新しい水分(飲料水・食べ物の中の水 等)を取り込み、細胞や 身体の中に 老廃物が溜まらないように尿や便、汗として体外に排出します。

 

脂質代謝

脂質とは 中性脂肪やコレステロールのことです。何かと敵視されがちな中性脂肪やコレステロールは、本来身体になくてはならないものです。細胞を構成したり、エネルギー源になったりしています。他にもホルモンなどの材料にもなっているようです。食生活の偏りや運動不足などで、脂質代謝に異常が起こっている人が増えていると言われています。肥満がその最たるものですね。

 

基礎代謝

呼吸や体温維持、心臓をはじめとする内臓の働きなど、生命維持に欠かせないエネルギーの事。なにもしないでも 寝ているだけでも 消費されるエネルギー。簡単にいえば、生命活動で消費される最低限のエネルギーの事です。

ダイエットに挑戦した事のある方もいらっしゃると思いますが、この基礎代謝を上げる事が大切といわれています。基礎代謝は加齢とともに、筋肉が落ちると低下していくといわれています。運動等を適度に行って基礎代謝を維持していきましょう。

 

新陳代謝が悪くなると…

細胞は決まった大きさになるとそれ以上大きくなる事が出来ません。そこで細胞は分裂します。分裂すると細胞の数が増えるのですが、今度は細胞の数は限られています。限られた以上に新しい細胞が出来てしまうと、今まであった細胞(古い細胞)を無くそうとします。

 

これが新陳代謝となる訳ですが、新陳代謝をしないと古い細胞がそのままとなってしまいます。新しい細胞に比べ、古い細胞の働きは衰えている訳ですから調子が衰えて行く事になりますよね。

 

初めの方で新陳代謝を家やビルに例えましたが、手入れのされていない古いお家と、新築では 好き嫌いは別として、性能ではやはり新築には 勝ちにくいですよね。

 

代謝が悪いという事は身体の中や細胞の中に栄養・酸素がいかず、溜まった老廃物も回収できません。では、その運搬を行っている物は何でしょう?皆さんご存じでしょうか?

 

新陳代謝を上げる方法

新陳代謝の為に必要な水分、栄養等を一生懸命に運んでいるのは、動く臓器『血液』です。では新陳代謝が行われない、という事は血流が悪いという事ですね。単純に冷やせば流れが悪くなります。

だから『冷えは万病の元(代謝が上手くいかない)』といわれてしまう訳ですね。身体を温める事が代謝を上げる第一歩。

冷えを改善する方法はこちら

冷え症が招く病気と冷え対策の生活習慣|仙台で冷え性を改善するなら|口コミ多数

そして血液の質も良くしましょう!血液はストレスの影響をもの凄く受けるし、皆さんが食べている物も血液に影響を与えます。脂の取り過ぎはベタベタに、糖の取り過ぎはペトペトに、食事の取り過ぎにも注意が必要ですね。

血液をサラサラにしてくれる食材はこちら

抗血栓点は血液サラサラの目安|血栓を予防する食材まとめ|仙台で高血圧なら

食事や冷えに気を付けながら新陳代謝を活発にしてあるべき姿を目指していきましょうね。

血行を促進する調圧ルームとは

がんの代替療法なら調圧ルーム

血行を改善するなら、仙台の調圧ルーム「アトモス」へ!

調圧ルームとは、↑の写真のようなドーム型のお部屋で座っているだけで細胞が活性化、血行が促進される健康増進装置です。

その秘密は、室内の気圧を泉ヶ岳の頂上ぐらいに下げて、また上げるを何回も繰り返し、マラソンの高地トレーニングのように細胞が酸素を取り込もうと頑張るから、なんです。

室温は変わらないのに、手足の先までポカポカ。免疫力アップの効果が期待され、代替医療としても注目されています。

調圧ルームについて、詳しくはこちら。