ポテトチップスとアクリルアミド

ポテト食べたい

疲れると甘いものが食べたくなる方が多いですよね。甘い物と言えば沢山ありますが、特に今の時期は、アイスクリームが食べたくなりますね。冷たくて美味し~い!ただし、お腹を冷やしたり、食べすぎには注意が必要です。うちの子はカキ氷が好きで お祭りの時に食べては、口を赤や青に染めています。最近はポテトチップスがお気に入りらしく、休みの日は「今日のおやつは?ポテチ?」なんて聞いてきます。子供でなくても好きな方の多いポテトチップス、貴方が思う以上に身体に悪いとしたら食べ続けますか?小さい子供に食べさせたいと思いますか?今日はそんな話です。

 

ポテトチップスに発がん性物質??

ちょっと前ですがポテトチップスを食べると ガンになってしまう、発ガン性物質が入っている、として騒がれた事を覚えているでしょうか?報道されたのが短い時間だったので分からない方も多いと思います。ポテトチップスって身体に悪かったの?となってしまうと語弊があるかもしれません、何故ポテトチップスが やり玉に挙げられるのか?私達はポテトチップスの事をもっと知らなくてはいけませんね。ポテトチップスのメーカーさんも誤解があったままでは可哀そうですよね。

 

犯人は○○だった

スナック菓子は全般的に、健康にとって 良いイメージが少ないかもしれません。例えば添加物の含有量です。多かれ少なかれ添加物が使用されています。添加物はその内容や、体内に摂取される量によっては、ガンの原因になったり、ガンを促進させるような働きを引き起こす場合があります。他にも ポテトチップスは、製造の工程上 大量の原材料を 大量の油で揚げる事が多く、その際に使用される油が問題とされています。中性脂肪・コレステロールの上昇や、使用工程で酸化した油から有害物質が出るという見解もあり、注意が必要です。近年では油を使用しないノンフライの技法があり、摂取量は減少しているかもしれませんが…。今回は酸化した油を使用していても、ノンフライでもどちらでも関係のある話です。もちろん添加物が入っていても、入っていなくても起こるお話です。その原因の正体は犯人は【アクリルアミド】という科学物質です。

 

アクリルアミドって何だろう

もともとアクリルアミドは、工事の現場等で、土の凝固や 接着剤に使用されていた化学物質です。もちろん身体にとっては激毒です。そんなアクリルアミドが何故 食品のポテトチップスと関係があるのでしょうか?実はポテトチップスの材料となる「じゃがいも」が原因ではなく、炭水化物に含まれるアスパラギンが、100℃よりも高い温度で加熱される事により、アクリルアミドに変化すると言われています。ポテトチップスがやり玉に挙げられるのには理由があります。1つはポテトチップスの「カリッ」という触感を出す為には、かなりの高温で仕上げなければならない事。もう一つはポテトチップスの薄さです。一般にポテトチップスには薄いものが多く、調理する際に熱が中心部まで入ってしまいアクリルアミドがより沢山発生すると言われています。これは油で揚げていようが、ノンフライだろうが関係ありません(炭水化物+高温加熱)になっていれば、発生する可能性があります。恐ろしい事に炭水化物を高温加熱すれば、アクリルアミドが少なからず発生しているということです。では皆さんがよく食べる(炭水化物+高温加熱)のものといえば何でしょう?日本人が大好きな、白米ご飯ですよね。他にも おやつのスナック類や一緒に飲むコーヒー緑茶も工程上で何度も熱が入ります。揚げ物や焼き物、挙げればきりがないかも知れません。

 

ほんとのところ…どうなんだろう?

アクリルアミドは 簡単にいえば、私たち人類が火を使った調理を行うようになってから、食べ続けています。いるはずです。だから単純にポテトチップス、白米ご飯(アクリルアミド)を辞めましょうという話ではありません。食品中のアクリルアミドは2002年にスエーデンの研究者が発表しました。発ガン性があることは怖い事ですが、実は動物実験から導き出された結果で、人間が必ずしも癌になるとは一概には言えないようです。アクリルアミドの摂取量と、人間のがん発生率の関係を探る調査が世界中で行われていますが「アクリルアミドの摂取 過多が がんリスクを上げる」という結果を明確に出したのは2007年のオランダでの調査だけです。一方で「がんのリスクは上昇しない」という結果は かなり多く出ています。動物実験の大量投与と同じように人間もアクリルアミドをたくさん食べると、おそらく がんのリスクが上がるんじゃないかな?ということです。現状の食事でいえばリスクの上昇を検出できるか?できないか?はグレーゾーンということになります。しかし身体にとって害がある事が分かっているなら、摂取量をコントロールすればよい事ですよね。アクリルアミドが病気に直接悪さをしている事も考えられますが、アクリルアミドの発生しているような美味しい物を沢山食べる事によって、肥満や高脂血症(脂質異常症)になって様々な病気になる方の方が多いかも知れませんね。

がんの原因になる低体温・低酸素をノックアウト!仙台の調圧ルーム アトモス

がんの代替療法なら調圧ルーム

癌細胞が低体温・低酸素状態を好むことを知っていましたか? 最近では温熱療法や酸素療法も出てきています。

最先端の補完代替医療として注目されているのが、体温アップ!しかも細胞に酸素を取り込める!ダブルパンチでがんの原因を遠ざける「調圧ルーム」です。

実際に調圧ルームをご利用のがん患者さんの口コミはこちら

がんは酸素が嫌い|がんの有酸素運動療法・酸素療法|仙台でがんの免疫療法なら

調圧ルームについてはこちら