目の中の黒い点、ゴミ、糸くずみたいなのが取れない。

視界の中に、黒い点または糸くずのような、ゴミのようなものが飛んでいるように見えませんか?快晴の青空や、白い壁を見たときに現れ、妙に気になってしまいます。

本当のゴミが目に入ったような痛みはなく、視線を動かすと一緒に付いてきます。今までは無かったのに、交通事故などをきっかけに見えることもあるようです。突然目の中に黒い点が現れたらびっくりしますよね。

この黒い点はいったい何なのでしょうか? 何か目の病気? 取る方法はあるの?

目の中の黒い点と目の病気、眼病の関係について徹底的に調べました。

目の中の黒い点は飛蚊症

飛蚊症|目の中の黒い点

目の中に黒い点や、ゴミが飛んでいるように見えるこの症状は飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれています。

加齢による生理現象と言われていますが、生まれつきの飛蚊症もあり、20代などで発症することもあります。交通事故で発症したり、一時的に酷くなる例もあるようです。

飛蚊症という字から、目の中に蚊が飛んでいるのを想像する方もいらっしゃると思いますが、飛んでいる物=浮遊物は、小さい胡麻のようなものから大きな粒まで様々で、形も粒上のものから糸状のものまであります。

色も黒だったり、白だったり半透明だったり 個人差があり様々です。目の前に 寝ていない時は365日 浮遊物が飛んでいる訳ですから、生活に支障をきたす程ではないといえ、ちょっと邪魔くさいですよね。一生懸命に目を擦っても取れる訳ではありません。

 

飛蚊症の原因

目を擦っても 擦っても取れない!飛蚊症で見られる浮遊物は、一体何処から入ってきたのでしょうか?

飛蚊症の原因には、生理的なものと目の病気によるものがあります。

生理的な原因でおこる飛蚊症

目の中には、見た物のピントを合わせる水晶体(すいしょうたい)といわれるレンズがあります。水晶体の奥は空洞ではなく、硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状のタンパク質で満たされており、眼球の形を保っています。そして目の奥、硝子体の奥には網膜といって見た物を映し出すスクリーンがあります。

飛蚊症の原因

加齢等による生理的な原因の飛蚊症は、硝子体のタンパク質や脂質がにごって、奥の網膜に影を映してしてしまう事で起こるとされています。

硝子体がにごる原因は紫外線だったり、血流が悪くなる事で老廃物を流せなくなったり、固着したタンパク質や脂質を分解する為の酵素を送り込めなくなったりする事と考えられています。

生まれつきの飛蚊症の場合もあります。胎児の眼球は、硝子体をつくるために血管があるのですが、通常は眼球が完成するときに血管も無くなります。何かの拍子にこの硝子体の血管の一部が残ったまま生まれると、血管の名残がにごりとなって飛蚊症になることがあります。

または、加齢とともに硝子体が縮んでしまい、硝子体の奥側が網膜から剥がれてきます。この隙間の空いた部分が、黒い点のように見えて飛蚊症となる場合もあります。

浮遊物は身体の 外から中に入ってきた訳ではなくて、元々中にあった物が変化・変質して出来たものだったんですね。
飛蚊症は眼科へ

加齢に伴う生理的な原因は、目の内側で起こり、しかも酵素や血流まで関係しているもの。今のところ生理的な飛蚊症には治療方法が無い、というよりも治療する必要がありません。医師にも「加齢(お年)ですね」と言われるだけのようです。

しかし、心配はご無用。時間が経つうちに不純物が徐々に融解して、忘れたころに消えていた、気にならない程度になった、という事はよくあります。

病気が原因でおこる飛蚊症

飛蚊症を起こす病気には、代表的なもので網膜剥離があります。

目に強い衝撃を受けた時に網膜が剥がれてしまう網膜剥離と言えばボクシングの選手にとっては致命的な病気ですね。一般的な生活をいていても起こる場合があるそうです。

網膜剥離は失明の危険がありますので、次のようなときは要注意です。

  • 視野が欠ける、または狭く感じる
  • 墨汁のようなものが広がって見える
  • ピカピカ光るような感じがする

 

そんな時は、迷わずすぐに眼科で検査を受けましょう。場合によっては手術等で回復する事ができます。早期の発見と対応がカギとなります。

その他、目の形を保っている硝子体が網膜から剥がれてしまうと、剥がれた網膜がシワになってしまい、そのしわが飛蚊症の原因になるというものや、硝子体がはがれる際に出血したり、網膜を引っ張って網膜に穴があく網膜裂孔を引き起こし飛蚊症の原因になったりするものもあります。

飛蚊症や眼病の原因となる血行不良

目の中にある血管(毛細血管・微細血管)は人体の中で最も細いといわています。とても詰りやすい訳ですね。

目の血行が悪くなるとタンパク質や脂質を分解する酵素が届きにくくなり、老廃物を流す事も出来ないため、硝子体が濁る原因になります。つまり、飛蚊症が起こりやすくなります。

汚れはピントを合わせる為のレンズも汚していきます。レンズが汚れてしまうと当然見えが悪くなります。レンズにもやがかかった状態です。

カメラのレンズに指で触ると指紋が付いて写りがぼやけてしまうように、目のレンズである水晶体が濁ってしまうと白内障という病気になっていきます。

白内障は、透明なたんぱく質が変性することによって起こる病気で、硝子体の汚れや血液の水分(血しょう)の汚れも関係しています。

飛蚊症は眼病の前触れ

よって、飛蚊症は様々な眼病の前触れともいわれています。

黄斑変性症の前触れとして表れる飛蚊症

たとえば、徐々に視野を失う緑内障は、血管が詰まる事で眼圧が高くなり視神経を損傷をすることで発症する病気ですが、身体は良く出来ているもので、ある血管が詰まると周辺に新しい血管を作ってくれます。

ただしこの血管が曲者です。血管が出来る→詰る→血管が出来る→詰る を繰り返していくと黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という病気になり、網膜が新生血管によってデコボコに歪んでしまいます。

老眼の前触れとして表れる飛蚊症

レンズを収縮させたり拡張させたりして、ピントを合わせる為の毛様体という筋肉があります。血流が悪く栄養不足で筋肉が弱ってしまうと……老眼なんかになってしまいます。

飛蚊症が眼病の前触れとされるのは、目の血行不良を表すバロメーターだからなんですね。

仙台で飛蚊症が消えた体験談なら調圧ルーム アトモス

様々な眼病の原因となる目の血行不良。逆に、目の血行を良くする事で眼病の予防に繋がる事はもうお分かりですね。

目の血行が良くなれば、分解酵素がしっかり運ばれて老廃物を流しだし硝子体や水晶体のにごり予防になり、新生血管が必要なくなり、目の働きが正常に戻っていきます。

免疫力・血液力=自然治癒力というものは目の奥でも活躍しているのです。

仙台の調圧ルーム「アトモス」では、気圧の上げ下げで細胞が活性化、体温が上がって血行が改善する効果を得られます。

飛蚊症が消えて目の見え方が良くなったとの喜びの声をご覧ください。

口コミ「飛蚊症が消えた」

70歳代の男性は、約2週間前から左目に飛蚊症があると言って来店されました。

趣味の娯楽で、長時間じっと画面を見つめる事が多く目を酷使していたそうです。

その日は、調圧ルームに2時間入室されたところ、

左目にあった大きな蚊のような黒い点が消えた、と驚いていました。

飛蚊症が消えた

口コミ「目がよくなって、きれいに見えます」

60代の女性の方。調圧ルームに2時間入室し、外に出るなり歓声がこぼれました。

うわ~、きれい、景色がクリアに見えるようになった

大学の名誉教授で、作家でもある彼女は多忙を極め、目を酷使していました。昔の白黒映画のスクリーンのように視界にチラチラしたものが飛んでいたそうです。

3日間連続の調圧ルーム利用で、目の疲れやチラつきはすっきり吹き飛びました。

口コミ「読書を楽しめるほど目が楽になりました」

真っ赤な両目が痛々しく、目を開けていることさえ大変そうな70代の女性。

調圧ルームに入られて、最初の1~2時間は、静かに目を閉じていましたが、3時間を過ぎたころには読書をされていました。

両目の充血は、2時間で読書を楽しめるほどに回復していました。

その他、「目が楽になった」「視界がクリアになった」とのご感想を多数いただいています。

眼科で病気ではない、と言われてしまった飛蚊症にお悩みの方は、ぜひ調圧ルームアトモスをお試しください。

 

若い方でも常にスマホが手放せず、目にとっては受難の時代と言えます。血行を良くして、目をいたわってあげましょうね。

お家では、お風呂に入った時に目タオルでを温めるのも手軽にできる眼病予防です。