流れる臓器という言葉を聞いたことがあります?

流れる臓器 これ実は、みなさんの血管の中を流れる血液のことなんです。血液は身体の中で唯一の流動性組織になります。血液の役割や、血液の成分はどの様なものがあるのでしょうか?血液の成分は血漿という水分の中に 血球が浮かびながら、体全身をくまなく流れていきます。

血液の成分

血液の成分である血漿はおよそ55パーセントといわれ、内容は水分の他に老廃物や栄養素ホルモン等です。浮かんでいる血球はその名の通り丸い形をしている物が多く、おおまかに ①赤血球②白血球③血小板に分けられます。血液中の45パーセントを占めます。

驚くのはその数です。赤血球は1立方ミリメートル(1㎜×1㎜×1㎜)の中に450万~500万個!!血液全体の中では35兆個!!赤血球だけでも途方もない数ですね。

赤血球

血液の役割としては 赤血球は主に酸素を運びます。赤血球の中にあるヘモグロビンと言う鉄分が酸素と結合して、血液の中を酸素が運ばれます。ちなみにヘモグロビンと「糖」が結びつくとHbA1c → ヘモグロビンエーワンシ―といって、糖尿病の方の血糖値を計る為の目安になります。

ヘモグロビンはヘム鉄と言う鉄から出来ていて、このヘム鉄が不足してしまうといわゆる貧血の状態になってしまいます。よく 貧血の症状がある時は場合ホウレンソウやレバーを食べましょうといわれますが、ヘム鉄がより多く含まれるのは動物性のレバーや魚の赤身の方で、特に魚の血合いには多く含まれています。まぁ好んでは食べないかも知れませんが…そしてホウレンソウなどは、ビタミン群が含まれているので一概にどちらが良いという物でもなく、バランスが大切という事ですよね。

赤血球の特徴は酸素の多い場所では酸素と結合して、逆に酸素が少ない所では 手持ちの酸素を放出します。この特徴がある為、呼吸で吸い込んだ酸素が肺に入っていくと、肺を流れる血液中の赤血球が酸素を沢山取り込み その後身体全身をくまなく廻りながら、酸素が少なくなっている細胞には 持っている酸素を放出して細胞に送り届けます。

実は…ヘモグロビンにはもう一つの特徴があります。酸素と比較すると一酸化炭素とは約200倍も結びつきやすいとされています。つまりたばこを吸う方は酸素より一酸化酸素との結びつきが強い為、一時的に身体が酸欠状態になってしまいます。喫煙されている方はちょっと注意しましょうね。

赤血球の働きは私達の生活で例えれば宅配屋さんとか、運搬屋さんですね。身体全身を巡って様々な物を届けます。そして届けるだけでなく回収もしてくれる訳ですね。

白血球

白血球はリンパ球・単球・顆粒球の3っに分かれます。更に顆粒球は更に好中球・好酸球・好塩基球に分かれます。白血球の種類は様々有りますが、それぞれの働きは生体防御です。

外敵が体内に侵入すると、それぞれの役割に応じて外敵を排除します。排除の仕方は独特で外敵を外側から包み込む細胞内に取り込んでいきます。その様子はまるで外敵を食べるように見える事から食作用 等といわれます。私達の生活で例えれば警察官や警備員・自衛隊といった所でしょうか。

血小板

最後は血小板です。血小板の働きは一言でいえば止血です。怪我等で出血がおこると破れた血管に血小板が集まり血栓と言う血液の塊りを作り出血部分を塞ぎ始めます。その後 更に血液中を流れる血液凝固因子等と結びついて血栓をより強固なものにしていきます。

この固定因子に中にフィブリンという物質があります。このフィブリンはストレスを受けると固まりやすくなります。よくストレスで調子が悪い…なんて言葉を聞きますが、実はこのフィブリンが塊り血流をわるくして、お身体の調子を悪くしているのかも知れませんね。

フィブリンとストレス

では何故ストレスを受けるとフィブリンが塊やすくなるのでしょうか?それは私達人間の遠い遠い先祖の話。人間がまだ狩猟生活だった頃、野生の動物と戦う事がありました。野生動物との戦いは人間にちょって食うか食われるか、とてつもない恐怖でストレスでした。戦い傷つき最悪の結果は死 を招く事もあったからです。

この時人間がストレス下に置かれると、本来持っている生体本能として 出血からの死を防ぐため、戦闘が始まる前に出血が軽度になるように血液が固まり始めます。でも全部固まってしまったら大変ですね。勿論血液が流れなければ死んでしまいます。

ストレスを受け続けたら血が止まって死んでしまうのでしょうか??そんな事は有りません。固まった血液を元の状態に治す方法があります。その一つが実は運動です。運動は塊やすくなった血液を元の状態に戻す効果があると言われています。

但し 時代はかわりました。野生の動物と戦う事も無ければ、運動量もへりました。そして現代社会はストレスが多く血液は塊りやすい。運動が不足になりがちだから血液が固まるだけで元の状態にもどらず滞る。これが身体の全身で起こるから、結果全身の血流が悪くなり、お身体には冷えが出たりします。

それだけでは有りません。今までお話ししてきた例えば赤血球が全身の細胞に酸素や栄養が運ばれなくなると細胞の働きが悪くなり、結果 働きの悪くなった細胞が肝臓であれば、解毒作用が落ちる、脂肪の分解が上手くいかない、体外から取り入れた栄養素を身体に吸収しやすい形に分解できない等の様々な弊害が出てきます。肝臓は1つで500もの仕事をこなしてるといわれます。肝臓1つ取っても血液循環が悪くなる事で、どれだけお身体に影響を与えてしまうか…

血液循環が悪くなる。同じ事が膵臓であり、腸であり脳でも 腰でも起こる訳です。私達の身体は様々な臓器や器官が影響を与えあいながら成り立っています。その臓器や器官に栄養や酸素を送り届けるのが流れる臓器 血液と言う事を忘れてはいけませんね。

当然 血流が悪くなれば新しい白血球が作られなかったり、ウイルスや細菌に対しての反応も遅くなってしまいます。つまり細菌やウイルスが体内に入り込みやすくなるし対応がウイルスの増殖より遅れてしまうと発熱や炎症がおこり、病気になってしまう訳です。さらに体内に入り込んだウイルスの増殖がなかなか抑えられません。病気やけがが治りにくくもなる訳です。

血液検査

健康診断で血液検査は良く聞きますね。当然流れる「臓器」のですから。ただ…肝臓の数値や、尿検査で異常値が出ても、血液検査で異常値が現れた事は少ないのではないでしょうか?血液検査は赤血球・白血球・血小板の個数を検査しているだけであってその働きが強いのか弱いのかを量っている訳では有りません。数値が正常で数が多いから働きが良いという訳では無いのではないでしょうか。草野球の少年とプロ野球の選手では 同じ野球でも、やっている事は天と地ほども違う訳です。

血液検査が正常でも安心は出来ないですよね。ではストレスを無くせば 身体の調子が良くなるかというと…実は血流を悪くしてしまう理由はストレスだけではありません。例えば食品に含まれる添加物だったり取り過ぎた栄養が原因で血流を悪くしてしまいます。

そう考えると この現代社会の環境の中で健康を維持していくのは大変な事かも知れませんね。まずは自分の持っている血液力!血液の力を上げて行きましょう。

日常生活で血液力アップ

例えば血液をサラサラにする食べ物を意識して食べたり、運動を普段より行ってみるのも良いかも知れませんね。お風呂をシャワーで済ませている人はゆっくりとお風呂に入る事で、血流アップ。何気ない日常の生活を意識する事で改善出来る事が実は沢山有りますね。自分の持っている血液の力を信じ、少しづつ血液力を高めて行きましょう。