「最近なんだか体がだるいなぁ」「疲れが抜けないなぁ」

なんていう方いませんか??

 

普段と同じ生活をして れといった理由もないのに、体調が優れない

状態が続いてませんか?

 

もしかすると、それは不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼ばれる状態かもしれません。

病気がないのに体調不良なら不定愁訴

では不定愁訴とは何なのでしょうか??

症状があるのに病気が見つからない|不定愁訴とは

不定愁訴とは、身体の状態について、何となく体調が悪いという感覚や様々な自覚症状があるにも関わらず、

検査をしても原因となる病気が特に発見されない場合のことを指します。

 

主な症状は

  • 頭が重い
  • 目の奥が重いとか 痛い
  • 疲れがぬけない
  • あまり眠れない

などです。

 

はっきり病気と診断できないような、原因の特定できない数々の自覚症状が出る不定愁訴。

その多くは自律神経失調症と診断されること多く、精神安定剤など

向精神薬や鎮痛剤、漢方などの薬物が投与されるケースが多いといいます。

 

ストレスからくる自律神経の乱れにご注意を。仙台で自律神経バランスを整えるなら

自律神経とは|交感神経と副交感神経

自律神経とは、心臓や肺などの循環器、胃腸などの消化器、呼吸器などの動きを調整するために、24時間働きっぱなしの神経です。

自分で自分の心臓を止められないように、自律神経は自分の意思ではコントロールできません。

自律神経には体を動かしている時や日中に活発になる交感神経と、安静にしている時や夜間に活発になる副交感神経の二種類があり、バランスを取って働いています。

自律神経のバランスの乱れが不調の原因

不規則な生活や、過剰な精神的・身体的ストレスから、交感神経と副交感神経の働きがバランスを崩してしまうことがあります。

不定愁訴の身体的な症状

  • かぜをひきやすい
  • 寝汗をかく
  • 疲れやすい
  • 食欲が無い
  • めまいがする

これらの症状は 自律神経の異常、特に慢性的な交感神経の緊張が関与していると考えられています。

また 耳鳴りやしびれの症状などは、体温の低下や体の冷えに関係している場合もあります。

漢方薬などの投与を行うことにより改善する可能性があるとされています。

風邪を引きやすいのも不定愁訴

不定愁訴の精神神経症状

不定愁訴は身体的なものだけでなく、精神神経症状も合わせて現れる場合が多いといいます。

 

例えば 不眠・食欲不振・うつ・意欲低下・不安感などが身体的な症状と

同時に出てくるケースがあります。

 

これらは、家庭や職場 学校でのストレスや、対人関係の悩みが原因となっている場合が多いようです。

 

ストレスの多い現代の社会では、この精神神経症状も起こりやすく、

身体的な不定愁訴を招きやすい状態になってしまいます。

不定愁訴の感覚器官異常|耳鳴り・目まいがしたら

感覚器の異常として、耳鳴り、めまい、目がまぶしいなどの感覚が現れることもあります。

例えば、耳なりについては、自律神経失調症や不定愁訴の症状としてよく見られる症状の一つです。

自律神経の働きのバランスが崩れた状態である自律神経失調症では、

全身倦怠感、頭痛、頭重、めまい感、肩凝り、動悸、息切れ、胃部不快感、便秘、下痢、頻尿などあらゆる

臓器の症状がさまざまに出現しますが、このような人では耳鳴りを訴えることが少なくないといいます。

また、理由はよく分かっていませんが、うつ状態では耳鳴りが増えることも知られています。

耳鳴りは投薬によって改善する場合もあるようですが、完治しないケースも多いといいます。

あまり気にしすぎず、耳鳴りとともに生活することで徐々に軽減するという報告もありますが、症状が続く場合は病院に相談をしてみましょう。

不定愁訴の貧血・低血圧

血液関連の症状としては、貧血症状低血圧などの症状も見られる場合があります。

まず、貧血の初期症状として、めまいや頭痛を訴え、MRIをとってもなんの原因も見当たらないというケースがあるようです。

このケースでは、血液検査をしてみると、血液中に鉄が不足している場合が多く見られます。

体内の鉄が不足してくると、ヘモグロビンの合成が充分に行われず、新陳代謝がスムーズに行われなくなってしまいます。

症状として、

疲れやすい、肩こり、朝すっきり起きられないといった軽度の不調から、

めまい、頭痛、爪が割れるなどのさまざまな不調が見られるようになります。

 

また、低血圧の人が訴えることが多い、

体がだるい、朝起きられない、肩こり、頭痛やめまいなどの症状は低血圧が原因かは明確ではなく、

不定愁訴と呼ばれる場合があります。

解消するには意識して体を動かすことが必要ですが、低血圧の人は急な激しい動きをして無理をしないように、ストレッチなどから始めると良いでしょう。

消化器系の不定愁訴

不定愁訴は消化器系の症状でも現れてくる場合があります。

例えば、機能性胃腸症という症状は上腹部不定愁訴症候群とも呼ばれていて、

消化器科を訪れる患者さんの50%以上の方は、この病気だとも言われています。

胃の痛み、胃のもたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感などの上腹部消化器症状を訴えるにもかかわらず、

胃カメラ(内視鏡)などの一般的な消化器検査で器質的(組織的)な異常が認められない状態をいいます。

311871

原因としては、ストレス、結婚や死別などのライフイベント、

もともとの個性や性格が関係していると考えられています。

しかし、この病気だと自己判断して、検査を受けずに薬だけ飲んで対処すると重大な病気を見逃しかねません。

もし、このような症状を繰り返している方は、必ず必要な検査を受けるようにしましょう。

泌尿器・生殖器の不定愁訴

泌尿器や生殖器にも不定愁訴の症状が現れる場合があります。

よく症状として見られるのは、尿路の不定愁訴です。

 

例えば、おしっこが近くなる頻尿、尿漏れ、排尿痛、すっきりしない残尿感、下腹部痛、会陰部痛など多彩な症状があるにもかかわらず、いずれも器質的な障害を認めない場合が該当します。

男性の泌尿器の不定愁訴では、慢性前立腺炎が原因となっている場合もあります。

例えば、下腹部の痛み、骨盤部、性器の疼痛、あるいは排尿症状など多彩な不定愁訴を特徴として訴える場合があるようです。

不定愁訴の全身症状

不定愁訴は、症状は全身性かつ多愁訴で様々な症状を抱えることがあります。

全身症状として、疲れ易い、異常発汗、手足のだるさ、ふるえ、むくみなど様々に現れます。

不定愁訴のむくみ

しかし、不定愁訴症候群と判断して、大きな全身性の病気を見落としてしまう可能性もあり、注意が必要です。

不定愁訴患者の約3分の2に高血圧、胃十二指腸潰瘍、糖尿病、気管支喘息などの病気が認められたという報告もされています。

ストレスだけでない特定困難な不定愁訴の原因

不定愁訴の原因は特に器質的な原因が見つからないことも多いのですが、原因が様々で、特定できない場合もあるといいます。

不定愁訴の原因1 過度なストレス

例えば、上腹部不定愁訴は、ストレスが原因であることが多いと言われています。

過度なストレスは、体に様々な体調不良を起こす場合があると考えられます。

不定愁訴の原因2 噛み合わせの異常

また、実は噛み合わせが原因だったという場合もあるようです。

不定愁訴を訴える患者さんは原因が分からないために病院をいろいろと周ったり、鍼灸やマッサ-ジに通ったり、あるいはサプリメントなどの健康食品に走ってしまうこともあります。

いろいろ試してもダメだった場合、不定愁訴の原因として、歯のかみ合わせの異常や顎関節の問題が見つかるケースもあるようです。

不定愁訴の原因3 更年期障害

また、原因としては40代から50代の方の場合には、更年期障害が隠れていたという場合もあります。

例えば、ほてり、のぼせ、冷え性、頭痛、不眠、イライラ、動悸などの症状が続いていて、なんとなく調子がおかしいと思うことはありませんか?

もし何週間も続いているようなら、それは更年期障害が原因かもしれません。

更年期障害とは、月経が終わる閉経前後の40代~50代の頃にみられます。女性ホルモンの急激な減少に伴って、いくつもの不調がでたり、症状に波があったり一定せずに現れる不定愁訴が生じます。

特にホルモンの影響により、ほてり、のぼせ、発汗、冷えなどの自律神経の乱れによる症状が特徴的に見られるようです。

もし、更年期障害を疑う場合には、減少した女性ホルモンを補うホルモン補充療法や漢方薬による治療などがあります。

我慢せずにまずは病院に相談してみると良いでしょう。

男性にも起こる更年期の不定愁訴

不定愁訴というと、女性によく多く見られることから男性には起こならないと思われて

いる場合がありますが、実は男性にも不定愁訴が見られるのです。

特に、男性の更年期には、男性ホルモンのテストステロンの分泌が急激に減少してしまうために、

自律神経失調のような不定愁訴を生じやすいといいます。

男性の更年期

なお、更年期障害も女性だけのものではなく、男性にもあると言われています。

男性ホルモンのテストステロンの分泌は20歳代をピークに、加齢とともに徐々に低下していきます。

特に、40歳代から60歳代は、男性の社会的責任とストレスが公私ともにかかりやすくなり、

テストステロンの減少する時期と重なって発症しやすくなります。

女性との違いとして、男性の場合は身体的症状よりも「うつ状態」「仕事が辛い」などの精神症状が先に多く現れ、性欲減退、またはED(勃起不全)となる割合が高くなります。

最近では、「男性更年期」のことを、「加齢男性性腺機能低下症」略してLOH症候群(Late Onset Hypogonadism syndrome、ロー症候群)とも呼ぶようになっています。 治療法としては、まずは検査を行い、漢方薬や処方薬などで、つらい症状を和らげると

ともに、必要に応じて男性ホルモン補充療法も行われる場合があるようです

原因不明の不定愁訴

不定愁訴は多くの場合で、原因が特定できない場合のことを指しています。

例えば、春になるとめまいがしたり、立ちくらみがする、という方がいますが、これは原因不明なことが多いといいます。

また、耳鳴りも特に耳鼻科系の検査で原因がはっきりしない場合、内耳の血流異常による場合が多いとも言われています。

検査をして、もし原因が特定できない場合にはそれぞれの症状を緩和する対症療法を行うことになります。

しかし、何らかの原因がある場合には、治療が必要となります。

死ぬまで対症療法を続けますか?仙台で自然治癒力を高め、根本治療をしたい人へ

不定愁訴の症状があるようならば、一度は病院で相談されることをお勧めします。

不定愁訴とストレス、心気症

不定愁訴の原因はストレスが原因となって体のバランスを崩しているケースが多いといいます。

また、特に病気がないにも関わらず、何か病気があるように思い込んでしまって、まるで病気があるように振る舞ってしまう状態を「心気症」といい、それも不定愁訴と受け取られることがあります。

体と心は密に関わっているのです。

何らかのストレス状態が続いた場合は、自律神経や内分泌系(ホルモン)の働き方にアンバランスが生じて、様々な症状が現れてきます。

心と体は切っても離せない関係で相関しているため、体の不調は心の不調である場合もあるのです。

ストレスを溜めないようにするためには、まずは睡眠時間の十分な確保が大切です。

他にも、自分のことを責めすぎないように考えたり、他人の言動を気にしすぎないようにするなど、気持ちの持ち方次第ということもあります。

朝から散歩するようにしたり、趣味に打ち込んだり、何か気分転換できることを取り入れるのも良いでしょう。

不定愁訴に効果の期待できる漢方薬

不定愁訴で病院の心療内科や精神科などを受診して、西洋薬を処方されて服用しても、なかなか改善しないで、いろんな病院を転々としてしまう方も多いといいます。

もし西洋薬では効果が得られず、慢性的な不定愁訴に悩んでいるようならば、漢方も効果が期待できると言われています。

特に漢方は女性のホルモンバランスの乱れによる不調に効果があると言われています。

不定愁訴と女性ホルモン

女性の体は、毎月の月経があったり、思春期、妊娠・出産、更年期と、ホルモン分泌の影響を受けながら、常に変化していて一定ではありません。

この女性ホルモン分泌の変化や更年期にかけての減少は、体調面だけでなく精神面にも影響を及ぼすとされています。

原因不明の月経痛、冷え、イライラ、肩こり、めまいなどは、西洋医学では「不定愁訴」「自律神経失調症」などと診断されて、医師にとっては治療しにくい、または治療の必要がないと判断されがちだといいます。

自分はとても悩んでいるのに、はっきりした診断がつかないために、西洋医学的な治療を難しくさせているのです。

漢方は不定愁訴が得意分野

漢方では、こうした「不定愁訴」が得意分野だと言われています。

漢方の基本的な考え方は、人が本来持っている病気を治す力(自然治癒力)を高めることです。

一人ひとりの体質や病気の状態を判断し、全身状態を整えるために最適な漢方薬を使い分けるので、

同じ症状でも人によって処方が異なってくる場合もあります。

最近は、漢方外来を設置している病院も増えてきています。

漢方外来といっても、漢方が専門の先生が開設している場合と、西洋医学がベースにあって漢方を学んでいる医師が行っている場合とで診断の仕方なども異なる場合があります。

自分に合った先生を見つけることも大切です。

今まで漢方外来へ行ったことがないという方は、まずは探して行ってみると良いかもしれません。

不定愁訴が出たら何科にかかるべきか

女性の不定愁訴は迷ったら婦人科へ

不定愁訴に悩む女性で、何科にかかったら良いのか迷う場合は、まずは婦人科にかかることをおススメします。

婦人科は必ずしも妊娠や生理に関する治療だけを専門とする場所ではなく、更年期などの不定愁訴についても相談ができる場所なのです。

一方、何かの病気が隠れていても、更年期のせいだろうと決めつけ、本来の病気を見逃してしまう可能性もあります。

例えば、うつ病、心臓病、がん、糖尿病といった病気が隠れている可能性もあるといいます。

まずは早めに婦人科に相談して医師に診断をしてもらうと良いでしょう。

心と体の両面から診断の心療内科

不定愁訴のある方は心療内科を受診されるケースも多いようです。

心療内科は精神科とは異なり、循環器科、消化器、呼吸器、神経内科などとならんで内科の中の一つです。

心療内科では健康維持と疾患の治療に関して、こころと体の両面から取り組むことを理念としているようです。

心療内科専門医の多くは一般内科、総合内科的な背景を持っていて、精神科や臨床心理学的な専門性も備えています。

診断としては、まずは症状に合わせて血液検査や画像検査を行い、診断・治療に進んでいくのが一般的です。

不定愁訴なら心療内科へ

しかし、しばしば明確な原因が特定できず、標準的な治療でも症状が改善されないこともあると言います。

不定愁訴はそれだけ原因がはっきりせず、複雑に絡んでいるケースが多いということです。

それでも、ただ先生にゆっくり話を聞いてもらうだけでも少し楽になる場合もあるでしょう。

心療内科は小さな専門のクリニックから大きな総合病院まで、あらゆる所で見つけられる身近なお医者さん。心療内科の受診も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

意外!腰痛・頭痛・めまいなどの不定愁訴が歯科で治る

不定愁訴と歯科というと、一見何の関係があるの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

ところが実は、歯科の領域が大いに関係している場合もあるのです。

特に原因がわからないが、なんとなく腰が痛い、頭が痛い、時々めまいがするという不定愁訴に悩まされている方が、かみ合わせを治すとそれが消える場合があるといいます。

噛み合わせは意外に色んな症状の原因になっているかもしれません。

しかしまだ、噛み合わせとの因果関係ははっきり分かっておらず、顎関節症の治療をしたから治ったのは、安心感からなのか、実際に因果関係は不明なまま。

それでも歯列矯正などを行った結果改善したというケースは多数あるようです。

もし、自分の噛み合わせや、顎関節に何かしらの異常があるかもしれないと思うようならば、歯科や口腔外科を受診してみても良いでしょう。

病名はいろいろな不定愁訴症候群

不定愁訴を複数抱えた状態をひっくるめて不定愁訴症候群と呼ばれています。

前述のとおり、不定愁訴は「不定で多彩な身体症状があるのに、それらの症状を説明できる身体的異常を認められない病態」のこと。

病院にいって診断を受けると、心身症、自律神経失調症、うつ、更年期障害、心臓神経症、慢性疲労症候群、神経性胃腸炎、パニック障害など様々な病名がつくことがあります。

これらの症状を一つに限らず複数合わせもっているような状態を不定愁訴症候群と表現されています。

不定愁訴と不定愁訴症候群の違い

不定愁訴と、不定愁訴症候群の違いは何でしょうか。

不定愁訴がいくつか同時に複数現われていて様々な不調を訴えるような場合を不定愁訴症候群といいます。

例えば、「頭がなんとなく痛いが原因が見つからない…」というなら、それは不定愁訴と呼びます。

しかし、「頭も痛い、めまいもする、それに疲れやすい…」という状態なら、不定愁訴を様々に訴える不定主訴症候群と呼ぶということですね。

更年期の不定愁訴症候群のことを更年期障害と呼んだりもします。

自律神経失調症の不定愁訴症候群

不定愁訴症候群はときに、自律神経失調症として診断されるケースもあります。

自律神経失調症になると、特に原因が見当たらないのに、様々な症状が現れます。

例えば、慢性的に疲労感がある、だるい、めまい、偏頭痛、動悸がする、不眠、便秘が続く、下痢、微熱っぽい、耳鳴りがする、手足のしびれ感、口やのどの不快感、頻尿、残尿感など症状は様々です。

また精神的にも、イライラしやすかったり、不安になりやすい、感情の起伏が激しいなどの症状が見られることがあると言います。

自律神経は全身の器官をつかさどっているため、バランスが崩れると全身の機能に色々な支障がでて、さまざまな症状となって現れます。

しかし、自律神経失調症と思い込んで、実際は原因となる疾患が隠れているというケースもあるので、しっかりと病院で検査を

受けて調べてもらうようにして下さい。

不定愁訴症候群の心身症・神経症

心身症と神経症には様々な症状があると言われています。これらも不定愁訴症候群として診断されやすいケースです。

まず、心身症については、日本心身医学会は次のように定義しています。

心身症とは身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、

器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし神経症やうつ病など、

他の精神障害にともなう身体症状は除外する。

すこし難しいので簡単に言い換えると、心身症とは「ストレスなどの心の問題が原因で『体』に症状が現れる病気」のことを言います。

また、神経症は「ストレスなどの心の問題が原因で主に『情緒や行動』に症状が現れる病気」です。

心身症や神経症では主として「日常的な人間関係が原因となって発生するストレス」によって症状が引き起こされます。

ストレスを溜めないようにすることが、体の健康にも非常に大切ということが分かりますね。

不定愁訴とうつ病の可能性について

不定愁訴を訴える場合には、うつ病を患っている可能性もあるといいます。

うつ病の初期には、不安や自殺願望などの精神症状が目立たず、体の様々な不調が出ます。

また、日によって部位や強度、症状の性質にも変化がある不定愁訴も多いようです。

うつがその本性である精神症状を見せず、まるで仮面を被っているようにみえることから、『仮面うつ病』ともいわれます。

ここまでのレベルは心療内科で対応可能だと言われています。

しかし、もし「うつ病」と診断される状態となったら精神科の範疇になるようです。

イラスト縦

不定愁訴があるからといって「うつ病」なのでしょうか。

うつ状態とは広い概念で、「うつ病」によるものから「普通の気分の落ち込み」まで含んでいるので、必ずしも「うつ病」と診断されるものではありません。

うつ病は、気分の落ち込みや不安、おっくうな感じが主な症状です。

しかし、最初の症状としては精神的なものよりも、体調不良として頭痛、めまい、耳なり、倦怠感、冷え、のぼせ、下痢、便秘などの身体症状がみられる「仮面うつ」ということもあります。

必ずしも不定愁訴があるからといってうつになっているとは限りませんが、うつの症状の兆候かもしれません。

うつ病での『うつ状態』とは、「物事に対する関心や取り組む意欲が失せて何もする気が起こらない状態が一日中ずっと、ほとんど毎日、2週間以上にわたって続いた状態」と定義されています。

初期には、「眠れない」「食べられない」などさまざまなつらい不定愁訴を伴うため、日常生活に大きな支障が出てくる場合があります。

体のサインを見逃してしまうと、うつを進行させてしまう可能性もあります。

放置しないで、早めに受診するようにしましょう。

不定愁訴症候群の原因除去

不定愁訴症候群も原因が特定されない、複数あって絡み合っているなどで判断が難しいなど、これといった原因が見当たらないのが特徴です。

もし原因としてストレスや、性格の問題などがあれば、考え方を変えるように工夫してみたり、ストレス源となる事柄から距離を置いたりすることで改善するかもしれません。

また、原因として更年期であれば、ホルモンバランスの変化がある可能性もあります。

不定愁訴症候群の治療方法

不定愁訴症候群の治療としては、例えば更年期障害であればホルモン補充療法などの西洋医学的なアプローチも有効だと言われています。

ただし、原因が特定されない不定愁訴症候群では、西洋医学的な治療が難しい可能性もあるのです。

西洋医学では責任病巣という考え方のもとに治療計画を立てます。

何か症状がある場合、体のどこに異常があるかを突き止めるべく検査を行います。

異常が見つかるとその部分を狙って集中的に治療するのが西洋医学的な考え方です。

それに対していわゆる不定愁訴の治療は漢方薬など東洋医学的手法が最適だと言われています。

不定愁訴の様にこれといった責任病巣が存在しない場合は、体全体のバランスを本来の状態に整える事で症状の改善を図る東洋医学的な治療の方が適しているというのです。

どちらが良いかは自己判断では難しい部分もあります。

まずは内科的、機能的な問題が無いかどうかを検査を受けた上で漢方薬の治療を開始した方が安心です。

 

 

仙台で不定愁訴を改善するなら

不定愁訴はストレスや生活の乱れが原因となっている場合が多いことからも、生活習慣の見直しが必要と考えられます。

食生活で不定愁訴を解消

日常生活のなかから、まずは食生活を見直してみましょう。

疲れが取れない場合はビタミンB1の摂取が有効だと言われています。

医薬品からも摂取が可能ですが、豚肉やほうれん草などからも摂取できるので、

食事からも積極的に摂取することをお勧めします。

良質な睡眠で不定愁訴を解消

404880

睡眠不足に悩んでいる方は、就床前はゆったり過ごし、眠くなってから布団に入る習慣をつけることです。

まだ眠くないのに床に入らない方が良いといいます。

また、仕事のある日だけでなく休日も含めて規則正しい起床時刻を守り、起床したらカーテンを開けて日光を取り入れるようにすることです。

有酸素運動で不定愁訴を解消

不定愁訴を自身で解消する方法としては、有酸素運動を取り入れる方法があります。

急性期の症状がひどい時はお勧めできませんが、慢性的に続いている状態の場合には有酸素運動を行ってみると良いと言われています。

慢性的な痛みや不定愁訴の約70%は、適切に運動すれば解消できることが報告されています。

しかし、多くの方は逆に不定愁訴があることを理由に、「具合が悪いから動かない」、「動かないから痛みが増幅する」という負の悪循環に陥っているケースがあるといいます。

痛みを感じないような動かし方でこまめに動くように心がけ、筋肉や腱などの結合組織を緩めることで血液循環を促進し、全身を温めるという原理のようです。

不定愁訴を解消する有酸素運動

有酸素運動とは、楽またはやや楽に感じる程度の運動強度で、十分に呼吸で酸素を取り込みながら、ある程度の時間を継続して行う全身運動のことをいいます。

ウォーキング、サイクリング、水泳、ゆっくりとしたジョギング、ヨガ等、比較的ゆっくりと筋肉を動かしながら長時間(一般的には最低10分以上の継続時間)続ける運動が有酸素運動になります。

 

不定愁訴について誰もが思い当たるような症状があるのでは無いかと思いますが、

いかがだったでしょうか?もし、その不定愁訴が生活に支障をきたしているならば、

何らかの対策や治療を始めた方が良いと思われます。症状を放置して悪化させないように、早めにご自身の大切な身体をケアしてあげましょうね。

仙台で不定愁訴にお悩みなら、細胞から全身を元気にする調圧ルーム

気圧の力で細胞を活性化する調圧ルームをご利用の方からは、「よく眠れるようになり、朝の目覚めがよくなった」「疲れにくくなった」「肩が軽くなった」など、不定愁訴が改善したというお声をいただいています。

体を根本から元気にして、不定愁訴を解消しましょう!