先日のブログで「冷えは万病のもと」とお伝えしました。

逆に体温をあげると色々なメリットがあることもお話しました。

 

第2弾としてヒートショックプロテイン(HSP)についてお話いたします。

 

体を温めることで増えるHSP、果たしてどんな効果があるのでしょうか?

 

HSPとは傷ついた細胞を修復するタンパク質のこと。

免疫力を高めて病気を未然に防いだり

コラーゲンの減少を抑制したり

代謝を活発にして脂肪を燃焼したりと

女性には嬉しい働きをしてくれそうです!

 

人間の組織や細胞のほとんどはタンパク質からできています。

タンパク質はとても傷つきやすくて過度なストレスを受けると

正常な働きができなくなってしまいます。

 

そんな傷ついたタンパク質を修復するタンパク質がHSPなのです。

 

HSPの主な働きは、

免疫細胞のであるナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性化と美肌効果。

健康にも美容にも良さそうですね~(^O^)

 

まずNK細胞とは、全身をパトロールしながら

がん細胞やウィルス感染細胞を見つけ次第攻撃する頼もしい細胞です。

誰もが生まれながら持っている免疫力に対して

とても重要な役割を担っています。

HSPによってNK細胞が小さながん細胞を見つけやすくなったり、

より効率的に駆遂することができるとされています。

 

次にHSPは肌を若返らせる効果もあります。

 

メラニンの生成を抑え紫外線による細胞へのダメージや炎症を抑制、

紫外線によって傷ついた皮膚のDNAの修復、

コラーゲンの質の向上と生産量を増加させる、

コラーゲンの分解酵素を抑制するなどなど、

女子には超嬉しい効果があります。

 

そんなに嬉しい効果が期待できるのなら

一刻も早くHSPを増やしたいと女性なら誰でも思うもの。

 

効率的にHSPを増やすためには

HSPにストレスを感じさせることなのです。

 

ストレスを感じさせると減ってしまうようなイメージがありますが

HSPは逆に増えるのです。

 

緊張や運動、加圧、低酸素、紫外線、放射線など

ストレスの原因になるものはたくさんありますが

最も手軽なのは入浴です。

HSPは体温が38℃以上になると最も増加すると言われています。

 

40~42℃のお湯に10~20分浸かって体温を38℃以上になるよう温める。

入浴後は熱が逃げないようにバスタオルなどで体を包み、

10~15分くらい安静にする。水分補給も忘れずに。

これを週2回ほどやる。

しかし冬場はお風呂場と脱衣所などとの温度差が激しいので

心筋梗塞や脳卒中などを引き起こしやすいので十分に注意が必要。

 

とのことです。

 

40~42℃のお湯に10~20分も使っているのは案外大変なもの。

結構疲れます(^_^;) しかも冬場は危険!

 

そんなときは迷わず仙台調圧ルームをご利用ください。

1回の入室で平均1.029℃体温が上昇します。

連続入室で38~39℃まで上がる方もいらっしゃいます。

着替えの必要もないし座っているだけなので疲れません。

 

仙台調圧ルームを長くご利用くださっている方々から

お肌がきれいになった、シミが消えた、シワが薄くなった

などの声が聞かれるのは、体温があがり

ヒートショックプロテインが生成されているおかげかもしれませんね。

仙台調圧ルームでアンチエイジングと健康を!!