暑い日が続いてますね~。

仙台も昼間は30度を超える真夏日が続くようになりました。

私は昨夜、暑さでなかなか寝付けず、我慢できずにエアコンをつけて就寝。

なるべくエアコンをつけて寝るのは避けるようにしてはいるのですが、

昨夜の寝苦しさには耐えられませんでした。

 

夏バテ注意報!

冷房の効いた部屋に閉じこもっていたり、冷たいものをたくさん飲んだりしていませんか?

毎日そのような生活を送るのは、夏の疲れが溜まる一方です。

 

・夏バテ症状

①体がだるくなる

②疲れやすくなる

③食欲がなくなる

 

夏の疲れの大きな原因として、「自律神経の働きが鈍くなる」ということが挙げられます。

暑くなってくると、人間の体は自律神経の働きによって、血管を広げたり汗をかいたりして体温を下げようとします。

ところが、気温や湿度の高い屋外と、冷房が効いて涼しい屋内の出入りを繰り返したり、涼しい屋内に閉じこもったりしていると、体温を最適な状態にコントロールしようとする自律神経の働きが鈍くなってしまうのです。

また、自立神経の働きが鈍ってしまうと同時に、疲れや食欲不振に陥ったりすることで、夏の疲れはますます深刻なものになっていきます。

 

 

夏の過ごし方に注意!

・朝風呂

目覚めたばかりの体で熱いお湯につかることは、体に大きな負担をかけることになり、余計に疲れやすくなってしまいます。

寝ている間に汗をかき、水分を失っている状態で大量の汗をかくことになるため、脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。

また、浴槽入浴をすることで副交感神経が刺激され、体がリラックスモードに入ってしまいます。

これでは、スッキリするどころか、余計に眠気を感じてしまうことに。

朝の入浴は交感神経を刺激してくれるシャワーのみにするのが効果的です。

 

・食生活

夏を元気に過ごすために、スタミナのつく料理を食べるということも大切ですが、野菜をしっかり食べることも忘れてはいけません。

野菜に含まれるビタミン類などの栄養素や水分が、疲れを知らない体づくりに大きな役割を果たすからです。

トマトやピーマン、ゴーヤといった夏野菜には、ビタミンCやビタミンB1などが豊富に含まれており、夏の暑さから身を守ったり、代謝を促進したりする作用があります。

 

・汗をかかない生活スタイル

適度な運動は、夏を元気に乗り切るために必要な要素の一つです。

ですが、真夏の日中に体を動かすのはちょっと危険。

空いた時間を利用して、ウォーキングやストレッチで軽めの運動で筋肉を動かすようにしましょう。

筋肉を動かすことによって、体温を上げる機能を働かせたり、血行を促進させるので、クーラーによる夏の冷え症にも効果的です。

運動をすることによって、食欲アップやストレス解消にも期待できます。

もちろん、運動の際には水分補給を忘れずに!!

 

夏の疲れを解消するのに必要となるのは・・・

「水分をしっかり補給」「クーラーを使いすぎない」「適度な運動をする」の3つです。

 

その他にも、「睡眠」は重要です!

睡眠をしっかりとることで、心も体もリフレッシュできます。

また、睡眠をとることで新陳代謝が活発になったり、成長ホルモンが分泌されることによって肌にも良い影響が与えられます。

特に一日のうちにもっとも新陳代謝が良くなる夜10時~深夜2時の「シンデレラタイム」や「お肌のゴールデンタイム」とも言われている時間帯にしっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

ちょっとした意識の違いで健康へ繋がる道があります。

何事も元気に健康であり続けられる身体づくりが大切ですね!