うなぎと梅干、天ぷらとスイカなどは昔からの食べわせNGで良く知られています。

 

悪い食べ合わせの中には全く科学的根拠のない組み合わせもあるようです。

 

実はうなぎと梅干組み合わせも根拠は薄いようです。

うなぎに多く含まれるビタミンB1と、梅干に多く含まれるクエン酸はいずれも疲労回復にもってこいの栄養素。

夏のスタミナアップや夏バテ予防に大いに役立ちます。

 

ではどうしてこんなことが言われ始めたのでしょうか?

 

昔はうなぎの脂っこさと梅干の酸味が刺激し合い、消化不良を起こすと考えられていたようです。

またさっぱりした梅干が食欲を増進させるので、高価なうなぎの食べ過ぎ防止や贅沢への戒めという意味もあったようです。

 

では天ぷらとスイカはどうでしょうか?

 

この組み合わせは本当に良くないらしいです。

水分の多いスイカを食べて胃酸が薄まったところに油分の多い天ぷらを食べると消化不良をおこすこともあるので、なるべく避けたい組み合わせですね。

 

そして定番のお料理の中にも悪い食べ合わせがたくさんあります。

 

ほうれん草とベーコン

ほうれん草とベーコンのソテーなんて

良く食べますよね。

コーンもいっしょに炒めると彩もあざやかだし。

 

ところがほうれん草に含まれる硝酸は体内で亜硝酸に変化、この亜硝酸がベーコンに含まれるタンパク質分解分と反応して、発がん性生物が生成されてしまうとのこと。

さらにベーコンのリン酸が、ほうれん草の鉄分やカルシウムの吸収を妨げるため、栄養的にも良くないそうです。

 

ビタミンの多い野菜をプラスしたり、ほうれん草をさっと茹でてから炒めるとかなり改善するそうです。

 

焼き魚と漬物

両方とも和食の定番ですし、焼き魚の定食には漬物が必ずついてきますよね。

 

魚を焼くとタンパク質が分解されて、ジメルアミンという物質が生成されます。

このジメルアミンが漬物に含まれる亜硝酸塩と結びつくと、ニトロソアミンという発がん性物質に変化するそうです。

 

ワンポイントアドバイスはビタミンCにニトロソアミンの生成を抑える働きがあるので、焼き魚を食べる際はレモン汁などを絞るのがおススメです。

 

にんじんとだいこん

根菜同士のにんじんとだいこん、彩も綺麗なので良く組み合わせますよね。

 

しかしにんじんに含まれるアスコルビナーゼという酵素が、だいこんに多く含まれるビタミンCを破壊してしまうため栄養的に良くない組み合わせとされています。

 

アスコルピナーゼは熱と酸に弱いため、加熱調理をするか酢・レモンなどをつかった料理にすれば大丈夫!!

そう考えるとお正月の定番の膾は理に適っているんですね。

 

仙台にも暑い夏がやってきました。暑くても健康のため食べ合わせや冷たいものの食べ過ぎにはくれぐれもご注意を!