風邪を引いたら病院に行って、薬を出してもらいますよね。

または、ちょっと寒気がするなあと思って「予防」のために市販の風邪薬を飲んでおく、と言う方もいらっしゃるかもしれません。

薬で病気が治る。実は、それは大きな誤解です。

 

薬は病気を治してくれるものではありません。

薬で病気は治らない|対症療法

 

200522

たとえば風邪薬は、あくまでも「鼻水を止める」「せきを止める」「熱を下げる」のように症状を抑える力しかありません。

それらの症状を引き起こす原因が「風邪」という病気ですが、「風邪そのものを治す薬」なるものは存在しないのです。

実際、風邪薬で一度熱が下がっても、薬が切れたらまた熱が上がりますよね。薬が風邪を治したわけじゃないんです。

このように、病気から生じる症状を抑える薬などの治療を対症療法と言います。

死ぬまで対症療法を続けますか?仙台で自然治癒力を高め、根本治療をしたい人へ

病気を治す体の力|自己治癒力

病気を治すのは、薬ではなく皆さんの体が持っている自己治癒力です!

少々の擦り傷なら、洗って清潔にしておけば自然に治りますよね。

このとき傷口では、外から浸入してくる細菌と戦いながら(自己防衛機能)、新しい皮膚を作って修復していいます(自己再生機能)。

風邪をひいたときに鼻水やせきが出たり、体温が上がったりするのもこの自己防衛機能によるものです。

鼻水やせきでウイルスを体外に排出し、体内に残ったウイルスを熱でやっつけようと戦っているんですね。

しかし、あまりにも防衛機能が働き過ぎてしんどいなら、風邪薬で症状を抑えましょう、ということです。

薬で引き起こされる嬉しくない効果|副作用

ですから、「予防のために風邪薬を飲む」という行為は全く意味がないばかりでなく、体の自己治癒力を妨害して風邪そのものを進行させる逆効果になってしまうのです。

風邪薬に限らず、あらゆる薬には「症状を止める」という期待される効果の他に、思わぬ弊害が出る可能性があります。

このように、薬に本来期待する作用を主作用、意図していない薬の作用を副作用と呼びます。

今回は、私の経験も踏まえて薬の副作用についてお話ししてみたいと思います。

薬の主作用と副作用|抗ヒスタミン剤を例に

花粉症の方にはお馴染みの、抗ヒスタミン剤というアレルギーの薬を例に主作用と副作用を見てみましょう。

聞いたことがないなあ、という方も風邪薬や乗り物酔いの薬に含まれているものですので、一度は飲んだことがあると思います。

あなたも「薬を飲んだら眠くなった」という経験はありませんか?

抗ヒスタミン剤が含まれるアレルギーの薬や風邪薬、酔い止めなどは、沈静作用が眠気を引き起こす働きもしてしまうのです。

この場合は、アレルギー等の症状を鎮静するのが主作用で、眠気が生じることが副作用になりますね。

処方薬、市販薬、サプリ、漢方薬にもある副作用

副作用はお医者さんにもらう処方薬だけでなく、市販薬やサプリ、漢方薬にもあります。

良く効く薬は副作用も強く出るものです。

「毒にも薬にもならない」というように副作用が全く出ないものは薬としても効果がないものということになります。

薬の副作用の個人差

薬は、もともと万人に効くようにはできていません。

薬を作るときに、どのくらいの人に効果が出る薬なのか実験を行い、割合を算出します(薬の有効率)。

100人中40人も効果が出れば、ハイ合格!となり、世の中に薬として出回ることになるのです。

有効率はだいたい40%~50%程度で、60%なら良い方、というのが本当のところ。

その薬で主作用の効果が出る人もいれば、出ない人もいます。

同様に副作用の出方にも個人差があり、私のように全然感じない人もいれば、過敏に反応する方もいるのです。

これだけは知っておきたい薬の副作用

薬のアレルギーで死に至るアナフィラキシーショック

薬を飲んだあとにこんな症状が出たら、危険な副作用のアレルギー反応かもしれません。

  • 湿疹やじんましんが出た
  • 尿・便がいつもと違う
  • 風邪のような症状
  • 顔面が蒼白になり冷や汗が出る
  • 脈が異常に速くなる・または遅くなる(不整脈)
  • 息切れがする(呼吸不全)

特に気をつけたいのが後半3つに代表されるショック症状です。

アナフィラキシーショックを起こすと、呼吸困難になり死に至ることもあります。日本では、薬によるアナフィラキシーショックによる死者が例年20人~30人出ています。

万が一のことではありますが、アレルギー症状が強く出た場合は、すぐに病院に行くか救急車を呼んでください。

ステロイドの副作用

内服薬にも、肌に塗る外用薬もあるステロイド。

炎症を抑え、体の過剰な免疫を抑制する作用があり、アトピー性皮膚炎などに処方されます。

このステロイドは、もともと体の副腎という臓器から分泌されるステロイドホルモンに似せて化学合成されたもの。

用法・用量を守って使用すれば危険はありません。

ところが、もともと副腎で分泌するステロイドホルモンを人工的に体に取り入れるので、副腎はホルモンの分泌量を減らして調節しようとします。

そこで自己判断で急に服用を止めてしまうと、ホルモンの濃度が急激に下がり動悸や震えなどの強い自律神経症状や炎症症状が起こる場合があります。

576993

それが服用が長期に渡って副腎の機能が低下している状態で起こったときには、低血糖やショック症状など命に関わる症状につながるおそれもあります。

ステロイドをやめる「脱ステ」は、必ず医師に相談して行い、自分で勝手にやめないようにしましょう。

抗がん剤の副作用

抗がん剤と言えば、髪の毛がごっそり抜けてやせ細っていく…そんな強烈なイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

がんを小さくしたり、再発を防いでくれる抗がん剤。

その役割は、細胞や細胞の中のDNAを破壊することです。がん細胞は特に細胞分裂が活発なので、抗がん剤の攻撃を受けやすく、それでがん小さくなったり消えたりするわけですね。

ところが、抗がん剤は正常な細胞にもダメージを与えてしまいます。特に髪の毛を作っている毛根細胞や、粘膜を作る口や消化器官の細胞も、もともと分裂がさかんなので影響を受けやすくなります。

つまり、抗がん剤は体の細胞を壊す毒物なのです。

そのため、脱毛が起こったり、口内炎や吐き気、下痢などの副作用が起こり、体力も低下するのです。

抗がん剤をやめて調圧ルームを利用するがん患者さん

抗がん剤が細胞を壊すのに対して、調圧ルームには細胞を活性化する作用があります。

抗がん剤治療で弱った体を回復するため、多くのがん患者さんに利用されています。

ガンの原因「低体温」「低酸素」「高血糖」を生活から排除しよう!仙台でがんと闘う

市川海老蔵氏夫人の小林麻央さんの乳がんは、トリプルネガティブと呼ばれる乳がんで、深刻なものだということです。

抗がん剤のつらい治療に耐えて気丈に振る舞われる様子がブログに綴られ、大きな反響を呼んでいますね。

麻央さんのがんと同じトリプルネガティブと診断された方が、調圧ルームの利用者さんの中にもいらっしゃいます。

抗癌剤の治療は筆舌しがたいほど苦しく、医師からは延命しても長くて2年程度と告げられました。

そこで、西洋医療から離れる決断をされたそうです。

乳癌になってから7年、薬もサプリも一切使わず調圧ルーム一本で今もお元気にされています。

→ 癌の補完代替療法最前線|臨床試験の増加も医師は知識不足|仙台でがんと闘う 

けいれん止めの薬をやめたとたんに意識がハッキリした高齢者の事例

私にも薬の副作用では苦い思い出があります。

父が二度目の脳梗塞で倒れた時、けいれん止めの薬を処方してもらいました。

その後、父は一日中うつらうつらして、とても反応が鈍くなりました。

最初は脳梗塞の後遺症かと思っていましたが、あまりにもひどいのでお医者様に相談したことがあります。

 

「これは副作用です。」

と言われました。

けいれんの怖さを知っていたのでそれ程悩むこともなく投薬を続けました。

すると80歳を間近にした父は、ベッドで横たわることが多くなりほとんど歩けない状態にまでなってしまいました。

介護度も2から4まで一気に上昇、嚥下すらままならない状態です。

嚥下ができないので当然薬も飲ませることができません。

 

そうすると不思議なことに父の意識がはっきりしてきました。

会話すらままならなかったのに、今の状況をしっかりと認識しだしたのです。

しかし残念なことに、我に返った父が見たのは仙台の病院で点滴チューブまみれの自分の姿でした。

2025年の高齢化問題に立ち向かう仙台市民!出来ることを考えてみた

薬に頼らない選択もあります

あの時自分がもっとしっかりと情報を集め、投薬を続けることを選択しなかったら・・・

または父に合う薬を探していたらと今でも悔やむことがあります。

このように薬には本来の目的とは違う働きもあることをしっかりと認識して服用すべきものだと実感します。

特に慢性的な疾患で長期にわたり服用を余儀なくされている方などは、もう一度ご自分のお薬を調べてみるのも良いかもしれません。

できれば薬に頼らない日々を送っていきたいものですね。

大切なのは、表面的な症状に惑わされずに、体が本来もつ自己治癒力を信頼して高めていくことではないでしょうか。

もちろんどうしても症状がつらく薬が必要となる場合もありますが、最後に病気を治すのは体そのものなのですから。

 

仙台のパワースポット「アトモス」は薬に頼らず皆さんの治る力を最大限に引き出すお手伝いをしています!