体の不調、原因は脳にあり

整体ってバキボキされてちょっと怖い…そんなイメージを覆す「美脳整体」をご紹介します!

心と体と魂を元気にする仙台のイベント「エナジーピュアフェス」にて、岩沼手技療法院ひだまり院長・鈴木輝之さんに教えていただきました。

シールを貼るだけでやわらか脳に!美脳整体とは

鈴木さん「美脳整体は、耳の近くにシールを貼るだけの不思議な整体です。

大脳と自律神経にアクセスするポイントに両耳で4枚のシールを貼ります」

美脳整体で使うシール

美脳整体は、耳つぼとは全く違うものなのだそうです。

 

「ツボというのは、体の中を通っている経絡(けいらく)が集中しているところなのですが、美脳セラピーの場合は脳に働きかけて全身の経絡の流れを整えます

私たちが考えたり、体を動かしたり、呼吸をしたりするのも全て脳の力です。

でも、脳は想像以上にカチカチになっているんです。脳からの司令が末端まで行き届かないと体にも歪みが出てきます」

 

美脳整体を受けられた方の中には、肩を回す可動域が広がった方できなかった片足立ちができるようになった方もいるそうです。

椅子に座ったままでできるので、従来のベッドに横になって体に触れる整体が苦手という方でも大丈夫。

 

「脳のストレスを取ってあげれば、脳からの指示がしっかり行き届きます。そうすると、正しい情報を得て筋肉が元の位置に戻るんです。

会社と同じですよ、上司が部下の働きやすい環境を作ってくれたら全体が動きやすくて楽になりますよね」

自然療法、美脳セラピーとの出会い

美脳整体

「自然療法に興味を持ち、整体の道に進んだのは母の死がきっかけでした」

 

お母さんは体調不良を夏風邪だと思ってずっと我慢していたそうです。家族や友人の勧めでやっとかかりつけのクリニックに行くと、すぐに紹介状を書かれ、大学病院に即入院検査となりました。

慌てて検査に行った割に、検査の結果は一週間経っても二週間経っても知らせがありません。

あまりにも遅いと医師に訴えると、「大学病院に問い合わせてみますね」と言われ、やっと連絡が来たそうです。それは残酷な結果でした。

 

胆管がんが見つかりました。あと数日早ければ手術ができたけれど、もう手術が出来ない状態だと。じゃあどうした今まで何週間も待たせたのかと疑問でした。

その後、放射線治療の専門病院に移り、更に抗がん剤治療のために別の病院を紹介されました」

 

抗がん剤治療が始まると、お母さんは重度の認知症状態になりました。見舞いに行っても輝之さんが息子なのか誰なのか分からなかったといいます。

それでも、治るためにはこれに耐えれば良いのだと思っていました。しかし、その希望も打ち砕かれます。

 

「お医者さんに『治るんですよね?』と聞いたら『治りません』と言われました。がんが大きくならないように現状維持、いつまで続くかも分からないと。『母は大分弱っていますよ』と訴えると『そうですね』と言われたんです。おかしいですよね」

 

そこで、他に治療方法が無いかと調べていたときに食事療法や自然療法に出会いました。腑に落ちる部分が多々あり、食事療法を行っているところに転院したそうです。

抗がん剤をやめると、たちまちお母さんの意識はハッキリしました。調べれば調べるほど「抗がん剤はおかしかった」という結論が導かれたのです。

時既に遅く、お母さんは容態が急変して亡くなりました。ちょうど東日本大震災の年でした。

東北の人は我慢しないで自分の体作りを

P1022350

「東北の人は我慢強いですよね。震災の時も、みんな体の辛さを我慢しているんです。自分はまだマシだと。

ただ、我慢したのが母の病気の原因でもありました。

我慢して、我慢して、どうにもならなくなってから病院に行ってももう遅いんです。ある日突然、ぎっくり腰とか、大病が見つかるとかになってしまう。我慢が病気を育てている。

そうなる前に、今の状態が当たり前だと思わないで、我慢をしないで、体のメンテナンスをしていただきたいですね」

 

子育て中のお父さん・お母さんには特に人気の美脳整体。イライラが解消されて家族全体が明るくなり、お子さんものびのび育つのだとか。

お子様連れ歓迎の美脳整体で心と体を癒やしてみてはいかが?

岩沼手技療法院ひだまり

営業時間 10:00~20:00※土日は19:00まで
毎週水曜日、第1・第3土曜日定休

TEL  090-9744-6227
mail  iwanuma.hidamari@gmail.com
ホームページ http://www.iwanuma-hidamari.com
ブログ https://ameblo.jp/iwanuma-hidamari/

がんの補完代替医療として注目!調圧ルーム

がんの代替療法なら調圧ルーム

「調圧ルーム」は気圧の調節により細胞を活性化する生体治癒力向上装置です(※特許取得済)。

ドーム型の室内に座っていると、約10分毎に泉ヶ岳の頂上〜地上の気圧まで変化を繰り返し、マラソンの高地トレーニングに近い効果を得られます。

細胞は酸素をたくさん取り込もうと活性化し、体がポカポカして手足の先まで温まります。

冷え症・低体温の方や、疲れやすい方、スポーツ選手の方にもご利用いただいています。

がん細胞は低体温・低酸素状態を好むとされていることから、体温と酸素量が上昇する調圧ルームは最新の補完代替医療としてお通いいただくがん患者さんもいらっしゃいます。