腫瘍マーカー検査

検診のオプションになっていたり、がん治療の効果を測定するのに用いられる「腫瘍マーカー」。

  • 検診でも受けておいた方が良いのでしょうか?
  • 結果の数値はどうやって見たらよいの?
  • どんな検査で、何が分かるの?

そんな疑問にお答えするべく、このページでは主な腫瘍マーカーの見方について分かりやすくまとめました。

腫瘍マーカーの意味とは?

そもそも腫瘍マーカーって何?

体に腫瘍ができると、腫瘍細胞が特定の物質を作り出したり、腫瘍に反応して体が物質を作り出したりします。その物質が血液中に含まれているのを検出して、がんの診療に役立てるのが「腫瘍マーカー」です。

腫瘍マーカーでは早期がんは発見できない

腫瘍マーカーは、がんが大きくなるほど体内に増加しますが、早期のがんではほとんど見られません。

また、がんでなくても陽性になることがあります。

以上のことから、がんの早期発見に腫瘍マーカー検査は適していません。

がんの早期発見には、X線検査やCT、エコー、内視鏡検査、細胞診などが主に行われ、腫瘍マーカー検査は補助的に利用されます。

腫瘍マーカーでわかること

腫瘍マーカー検査によって、がんの進行状況の診断や、治療効果を測定することができます。

また、がんの再発や転移の発見に役立ちます。

腫瘍マーカーはどんな検査?

腫瘍マーカー検査は、採血または採尿によって行われます。検査前の準備は特に不要で、検査時間も1~2分程度です。

腫瘍マーカーに異常があったときは?

腫瘍マーカーで異常値が出たときには、がん以外の良性の病気の場合もありますので、まだがんだと決まったわけではありません。むやみに怖がらず、きちんと精密検査を受けましょう。

以前にがんにかかったことのある人は、腫瘍マーカー値が上がると再発や転移の恐れがあります。

主な腫瘍マーカーの見方まとめ

AFP(アルファ・フェトプロテイン)

基準値

10.0ng/ml以下(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

肝臓がん、肝硬変、慢性肝炎、急性肝炎など

 

CEA(がん胎児性抗原)

基準値

5.0ng/ml以下(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

悪性腫瘍、転移性肝がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん、肺がん、甲状腺機能低下症など

 

CA19-9

基準値

37.0U/ml以下(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

膵臓がん、胆嚢がん、胆管がん、胃がん、大腸がんなど

 

PIVKA-Ⅱ(ピブカ・ツー)

基準値

40mAU/ml未満(ECLIA法)

異常値で可能性のある病気

肝細胞がん、転移性肝がん、ビタミンK欠乏症など

 

CA125

基準値

35.0U/ml以下(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

卵巣がん、子宮がん、子宮内膜症など

 

シリアルLex-i抗原(SLX)

基準値

38U/ml以下(RIA固相法)

異常値で可能性のある病気

肺がん、卵巣がん、膵臓がんなど

 

SCC(扁平上皮がん関連抗原)

基準値

1.5ng/ml以下(CLIA法)

異常値で可能性のある病気

子宮頸がん、肺がんのうち扁平上皮がん、食道がん、皮膚がんなど

 

PSA(前立腺特異抗原)

基準値

4.00ng/ml以下(CLIA法)

異常値で可能性のある病気

前立腺がん、前立腺肥大、前立腺炎など

 

シフラ(CYFRA)

基準値

3.5ng/ml以下(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

肺がん、卵巣がん、乳がんなど

 

神経特異エノラーゼ(NSE)

基準値

16.3ng/ml以下(ECLIA法)

異常値で可能性のある病気

肺がんのうち小細胞がん、神経芽細胞腫、褐色細胞腫など

 

CA15-3

基準値

25.0U/ml以下(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

乳がん、卵巣がんなど

 

BCA225

基準値

160U/ml以下(EIA法)

異常値で可能性のある病気

乳がん

 

SPan-1(エスパン1)

基準値

30U/ml以下(RIA固相法)

異常値で可能性のある病気

膵臓がん、肝臓がん、胆道系のがんなど

 

ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)

基準値

81pg/ml未満(CLEIA法)

異常値で可能性のある病気

肺小細胞がん、甲状腺髄様がん

 

CA72-4

基準値

10.0U/ml以下(ECLIA法)

異常値で可能性のある病気

胃がん、大腸がん、卵巣がん、乳がんなど

 

[参考]『検査結果なんでも早わかり事典』小橋隆一郎

最新のがん補完代替医療「調圧ルーム」とは

がんの代替療法なら調圧ルーム

がん細胞が低体温・低酸素状態を好むことをご存知ですか? がん患者さんには低体温で血中の酸素濃度の低い方が顕著に見られます。

細胞に酸素を取り込み、体温を上昇させることが癌細胞にとって生きにくい環境をつくるのです。

「調圧ルーム」は、気圧を調節によって細胞を活性化する生体治癒力向上装置です。

ドーム型の室内で座っているだけで、血液が酸素を取り込む力をアップし、100人中100人の体温を上昇させます。

最新のがん補完代替医療として注目を集め、がんの治療と併用して、または治療後の再発予防にと、多くのがん患者さん・元がん患者さんにご利用いただいております。

ミヤギテレビの取材を受けるアトモス

ミヤギテレビの取材も受けました!

また、手足の末端まで温まり血行を改善することから、冷え症(冷え性)、肩こり、腰痛、眼精疲労、低血圧、めまい、アトピー性皮膚炎などの改善も期待できます。

外から力を加えないため、骨粗しょう症の方にも安心してご利用いただけます。

[口コミ]調圧ルームでPSAが基準値に。元気に働く66歳

前立腺がんを卒業

50代後半で前立腺がんの疑いありと診断され、ショックでした。
腫瘍マーカーPSAの数値は15と言われました。
ホルモン療法を受け、食事にも注意していました。酒、肉、甘い物、油類は避けました。癌にいいとされる岩盤浴にも長時間かけて通いました。

4年前からは調圧ルームに一本に変え、ホルモン療法も、岩盤浴も止めました。
大好きな酒は復活し、肉、ケーキ、油ものも節度を持って食べています。それでもPSAの数値は基準以下になっています。

仕事には完全復帰。元の職場は定年退職し、今は力仕事、監視仕事など2つをこなしています。忙しい時は週1日しか休めないこともあります。
調圧ルームは、週2~3回、1回2~3時間時間利用しています。仕事で疲れた時、オーバーワークになりそうな時は3時間入るようにしています。

同級会に出ると。何でそんなに若いのかと必ず、感心されるんですよ。
同級生はほとんどが退職、あっちこっちが悪いと悩んでいます。僕の体調は最高です。癌を思い出すことさえありません。金持ちではありませんがこの歳まで元気に、楽しく働けることは本当に幸せだと思います。
スナックのカラオケも楽しみです。