男性の更年期障害(LOH)

こんにちは、仙台もすっかり寒くなりましたね。

さて、前回は「女性ホルモン」についてお話ししましたがいかがだったでしょうか?

→ 仙台で女性ホルモンの減少にお悩みなら|注射に頼らず女性ホルモンを増やす方法

前回に引き続き、性ホルモンのお話です。今回は「男性ホルモン」についてお話しします。

男性ホルモンの分泌が多い方は少し面白いことに「激辛の料理を好む」という傾向にあったり、「薬指が人差し指より長い」のだとか・・・(^^)

小話はこのくらいにして本題に入りますね。

 

男性ホルモンの低下の男性更年期障害(LOH)

男性のホルモンには3種類あり、その中で最も重要なものが「テストステロン」という物質です。テストステロンは精巣で作られ、男性ホルモンの95%を占めています。

このテストステロンは男性の成長には必要不可欠なもので、人生にとって重要な役割をする時期が3度あります。

一度目は胎児の時。胎児の状態では女性も男性も肉体の構造上は同じですが、テストステロンの働きによって「男の子」として成長してゆくのです。

二度目は生後2週間から6か月にかけての時期に分泌が高まります。脳の性差や発育に影響が出るといわれています。

三度目に大量のテストステロンが分泌されるのが思春期です。この影響で骨は太くなり筋肉は発達したくましくなり、体毛も増えて男性らしい身体になってゆくのです。

成人や壮年になってもこの男性ホルモンは重要な役割を担っており、骨や筋肉の強度の維持、性機能の維持、動脈硬化の予防やメタボリックシンドロームの予防などにも役立っている大切な物質ですので不足することがないようにしたいですね!

 

EDだけじゃない男性更年期障害(LOH)の症状

「疲れやすい」「体脂肪率が増えた」「認知機能の衰退」などの中高年にあらわれる特徴も歳のせいには違いないのですがその症状、もしかして男性ホルモンの不足かもしれません!

男性更年期障害の症状は、性欲減退やED(勃起障害)だけでなくやる気の減退やうつなど精神的面の症状、筋肉痛心筋梗塞や脳梗塞リスクの上昇なども現れます。

 

男性更年期障害(LOH)の原因テストステロン減少

男性ホルモンの要であるテストステロン値は一日の時間帯によって変動します。

起床時をピークに下がっていき特に夕方には急激に落ち込みます。時間帯の変動による男性ホルモンの減少のほか、テストステロン減少の最大の原因となるのはストレスといわれています。

男性ホルモンとテストステロンの減少に伴う体調不良を抑える方法としては、他の生活習慣と同じく「適度な運動」「良質な睡眠」「バランスのとれた食生活」が大切です。

筋肉トレーニングは男性ホルモンの減少を抑える効果が明らかになっているので意欲的に取り組んでいきたいですよね(*^_^*)

 

仙台でホルモンバランスを整えたいなら

「更年期障害」というと女性が連想されがちですが、近年では男性も更年期障害になってしまう方が増えてきているのが実状なのだそうです・・・

仙台アトモスでは体温の上昇と相まって血管が広がり、血液の循環で「熱・栄養・ホルモン・酸素」を体中に運んでくれますので、ホルモンのバランスを整えたい方にもおすすめです!

ぜひ足を運んでみてくださいね!