手洗いの正しい方法風邪やインフルエンザの予防に手洗い・うがい

これから寒くなるにつれ、風邪やインフルエンザなどが増えてくる季節になってきましたね。

私もだいたい毎年この時期になると決まって喉の痛みが始まり徐々に悪化、、お医者さんへGO。ということになります。

今年こそは元気に乗り越えて見せる!と特に風邪予防の基本である手洗いとうがいに気をつけているところです。

→ うがいの方法間違っていませんか?風邪の予防にうがい薬は逆効果|仙台で風邪予防なら

 

感染症の経路でもっとも多いのが手を介した接触感染

感染症の日常生活における主な感染経路は飛沫感染・接触感染・空気感染です。

そのなかでも特に接触感染が多いです。いかに日頃の手洗いが大事かが分かりますね。

 

感染症の予防には、正しい手洗いの方法を

感染症や食中毒などの予防には日頃の手洗いとうがいが有効です。しかし間違った方法で行うと高い効果は得られません。

習慣になっていても、雑に済ましていると大きな効果は期待できません。予防効果を高めるには、特に気をつけたいポイント、注意点があります。

 

 

正しい手洗いの方法1 石鹸をつかう

水だけの手洗いでもある程度の病原体は落とせますが、外出から帰ってきたと息き以外でも毎回石鹸をつかう習慣をつけましょう。

 

正しい手洗いの方法2 洗い残しに注意、30秒かけて洗う

手のひら、甲だけでなく、シワや指の間、指先、爪のまわり、親指手首などもよく洗いましょう。

手に付着したウイルス細菌は手洗い15秒で10分の1に、30秒洗えば100分の1に減少します。

30秒の長さは、ハッピーバースデーの曲2回くらいの長さ

子どもと洗う時には丁度良い目安になります。洗った後は洗い残しのないようしっかりすすぎましょう。

 

正しい手洗いの方法3 手を拭くときは清潔なタオルで

せっかく丁寧に洗っても、雑菌のついたタオルで水気を拭いてしまったら意味がありません。乾いた清潔なタオルを使いましょう。

 

また、風邪が流行る頃には家族でのタオル共用もやめましょう。

日頃の衛生習慣を改めて見直して風邪、感染症予防を行いましょう。

 

仙台で免疫力を高めて風邪を予防するなら

03-1024x673

細胞を活性化して酸素を取り込み、体温を上げる調圧ルームは免疫力の向上や冷え性の改善に効果が期待できます。

また、がんが低体温・低酸素を好むことから、調圧ルームは最先端の代替医療としても注目を集め、がんの治療と併用して、また治療後の再発予防にも多くのがん患者さんにご利用いただいています。

手足の先までポカポカする調圧ルームで免疫力をアップして、今年の風邪流行に備えましょう!

→ 冷え症が招く病気と冷え対策の生活習慣|仙台で冷え性を改善するなら|口コミ多数