冷え性は年中つらい

仙台は東北地方にしては雪が少なく冬も過ごしやすいと言われますが、冷え性だとそうも言っていられませんね。

夏もエアコンの冷風に震え、冬は靴下を何枚重ねても一向に温まらない。

そんなつらい冷え性、実は様々な病気を引き起こす原因になることをご存じでしたか?

ここでは、冷え性の原因と冷え性から来る様々な病気、生活の中でできる冷え性を改善する方法について解説します。

冷え性は治せるもの。体温を上げて、病気を寄せ付けない健康な体をつくりましょう。

冷え性(冷え症)とは

冷え性(ひえしょう)または、冷え症は、特に手や足の先など末端が温まらず、いつも冷えているような感覚になる状態のことを言います。

冷え性そのものは病気ではなく、症状そのものを指します。

冷え性と低体温の違い

似たものに低体温がありますが、これは末端だけでなく体の奥の内臓など深部体温も低い状態を言います。一般的には、体温が36℃未満の人を低体温と呼びます。

冷え性は、必ずしも体温が何度以下とは限らずに、体の一部が冷え、あるいは冷たく感じられる症状を指します。

深部体温が低いため末端に熱が行き渡らないのか、末端の冷えが深部の体温を下げているのか、どちらが原因なのかはハッキリしませんが、冷え性も低体温も両方あると言う方は多いようです。

冷えの症状

手足の冷えに伴い、女性の場合、肌荒れ・生理痛・生理不順・頭痛・めまい・腹痛・体のだるさ・不眠などがおこります。

男性でも肩こり、腰痛などの症状が現れます。

→ 肩こりを仙台で治すなら|仙台で肩こりを改善した口コミ多数

冷えと関連が見られる病気

昔から「冷えは万病のもと」と言われていますが、実際に冷え性・低体温と様々な病気や症状には関連があるようです。

私たちの生命を維持するのに欠かせない免疫システムは複雑であり、単に体温を上げれば良いというものではないとの指摘もありますが、

特定の病気には低体温の人が多いこと、また、高齢になるほど体温が低くなり、風邪や肺炎などの病気が多くなるのも事実です。

また、血流を調整するのは自律神経の働きであり、自律神経のバランスの乱れが冷え性として表れることもあります。

冷え性と関連する病気について知っておきましょう。

がんと低体温

日本人の病気による死因の第一位は癌(がん)です。

そして、がん患者さんのほとんどが低体温と言われています。

→ ガンの原因「低体温」「低酸素」「高血糖」を生活から排除しよう!仙台でがんと闘う

一説によると、がんは血流悪化による代謝力低下から起こった細胞の老化が引き起こすものだそうです。

つまり、冷え性で血行が悪い状態はがんにもかかりやすいということになりますね。

がんの腫瘍を手術や抗がん剤で処理しても、冷えて細胞の老化を引き起こしやすい体質がそのままでは再発しやすくなることも言えます。

また、癌細胞が42℃で死滅するという研究結果も出ており、温熱療法(ハイパーサーミア)もさかんになり、身体を温める治療から始めるお医者様も増えてきました。

体温を上げる事は癌の予防にもつながるんですね。そう考えると日本の湯治の文化はとても理にかなっていたんですね。

冷え性と自律神経失調症

もともと平熱も低くなかったのに、急に冷え性になってしまった、と言う場合はストレスなどで自律神経のバランスが乱れる自律神経失調症かもしれません。

自律神経は、内臓のある体の中心部の温度を保つために、環境の変化に応じて体温を調節する役割を担っています。

暑いときは皮膚表面近くや末端の血管を拡張し、血流量を増やして熱を外に逃がします。もっと熱いと汗で調節します。

逆に寒いときは、血管を収縮して熱が拡散するのをを防いでいます。そうすることによって、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に温かい血液を集めて温度を一定に保っているのですね。

緊張すると顔が火照ったり、反対に寒気がして手足が冷えるのは、この自律神経の働きが暴走しているためです。

→ ストレスからくる自律神経の乱れにご注意を。仙台で自律神経バランスを整えるなら

→ 自律神経失調症とは?原因不明の症状・不調を改善する方法|仙台で自律神経失調症なら

冷えが酵素の働きを妨げる

人の体の中では、食べ物を消化してエネルギーを取り出す、老廃物を分解するなどの様々な化学反応が起こっています。

この化学反応の触媒となっている物質が酵素です。その役割によって消化酵素代謝酵素と分けて呼ばれます。

生命活動を維持するのに欠かせない酵素の働きは、37℃で最も高まります。

冷たいものを食べ過ぎるとお腹を壊してしまうことがありますが、これは胃腸の温度が下がって消化酵素の働きがにぶくなって消化不良を起こしているのですね。

冷え性・低体温で体の内部の温度が低くなってしまったときも同様に、酵素がうまく働かなくなります。

その結果、内臓の機能が悪くなり消化や新陳代謝に悪影響を及ぼします。

慢性的な疲労感、胃腸が弱い、便秘、肌荒れ等に悩む方は、冷えの改善から取り組んでみるのも一つの方法かもしれません。

新陳代謝を良くして人生の質を上げる2つの方法|仙台で健康を考える

冷えからくる諸症状

病気とまではいかなくても、慢性的な肩こりや腰痛など冷えからくる症状も多くあります。

冷え性の原因

冷え症の原因は生活習慣にあります。特に食生活の乱れが主な原因として考えられます

加工精製食品の取りすぎの傾向により、タンパク質・脂肪・糖分の過剰摂取の反面、ミネラル・ビタミンは不足傾向にあります。

食生活の乱れや無理なダイエットによるミネラル・ビタミン不足・自律神経の乱れも冷えにつながります。

 

冷え症になりやすい生活習慣とその改善方法

冷え性の原因になる生活習慣1 冷たい飲み物・食べ物や甘い食べ物の食べすぎ

➝糖分はなるべく控え、温かい飲み物を飲みましょう

冷え性の原因になる生活習慣2 季節外れの野菜や果物の摂取

冬場に夏の野菜や果物を食べると、食材の水分が多いため体を冷やしてしまいます。

➝旬な野菜や果物をいただきましょう

冷え性の原因になる生活習慣3 食べない系のダイエット

偏ったものばかりを食べたり食べないようなダイエットをすることで必要な栄養が摂取できなくなります。

➝食べない系のダイエットはやめ、バランスの取れた食事と運動を心がけましょう

冷え性の原因になる生活習慣4 冷暖房が整った住環境

冷暖房にたより年中同じ室温の中で過ごしていると、体の体温調節機能が弱くなる

➝エアコンなどに頼り過ぎず、体の調節機能を鍛えましょう。

冷え性の原因になる生活習慣5 運動不足

筋力が低下し、血の巡りが悪くなります。女性に冷え性が多いのも、男性と比較して筋力が小さいためと言われます。

➝タンパク質を摂取して運動の機会を増やし、熱のもとになる筋肉を増やしましょう

冷え性の原因になる生活習慣6 血流を悪くする服装や薄着

靴下の重ね履きや厚着が返って体を締め付け、血流を悪くする場合があります。

➝1枚羽織るなど、保温性ある洋服を着て体を冷やさないようにしましょう

冷え性の原因になる生活習慣7 喫煙

タバコは急激に血管が収縮させ、血流を悪くし、基礎代謝が低下させます。

➝数を減らしていく、禁煙

 

冷え性の原因になる生活習慣8 過度のストレスによる血行不良

過度のストレスは自律神経の体温調節機能を狂わせ、冷えにつながります。

➝心の面から整えていきましょう

 

冷え性の原因になる生活習慣9 便秘

腸内の動きが悪いと基礎代謝が低くなります。

➝基礎代謝が低くなることが冷えにもつながるそうです。腸内環境の改善をはかりましょう。

→ 菌活で腸内細菌を元気にしよう!仙台で大腸ガンを予防するなら

 

冷え症改善のためにできること

冷え性改善

冷え性を改善するその1 ココア

ココアは体の冷え対策に有用な体温保持効果があり、ココアに含むポリフェノール・テオブロシンは血管拡張作用があります。

冷え性を改善するその2 乾燥しょうが

しょうがに含まれるジンゲオールとショウガオールの2つの働きによって全身が温まります。

冷え性を改善するその3 運動

運動すると血流が良くなります。また、熱を生み出す筋肉を増やすことができます。

冷え性を改善するその4 お風呂にゆっくり浸かる

全身を温める効果、リラックス効果で自律神経のバランスを整えます。

冷え症に効く入浴方法

入浴すると、血行が促進され栄養素や酸素が身体の隅々まで行き渡ります。

代謝が向上したり自律神経に働きかけてリラックスし、安眠を促したり様々な良い効果があります。

入浴の際は温度に気を配ることが大切です。38℃~40℃のぬるいお湯は、血圧や心拍数が急上昇しないため負担が少なく、また体をリラックスさせる副交感神経が優位になり適温と言われています。

体調や目的によっても少しずつ適温や入浴時間が変わってきます。

二日酔い、腰痛肩こり、寝つきの悪い方は、ぬるめの約38℃~40℃でゆっくりと。

疲労、冷え症むくみ、高血圧の方は、温度はややぬるめの約41℃でゆっくりと。

低血圧の方は、熱めの約42℃で短く2~3分程度を2~3回繰り返す。

体調に合った入浴方法を選びましょう。

そして入浴中はたくさんの汗をかき、約800mlの水分を失うそうです。入浴前後の水分はしっかりとることが必用とされています。

冷え性を仙台で改善するなら調圧ルーム

03-1024x673

調圧ルームは、気圧を変化させることによって、より酸素を取り込み細胞を活性化させる生命治癒力向上装置です!

50分座っているだけで、体温が上がり血流が良くなります。

使用前後の体温を比較すると手のひらで6度もアップしたこともあり、約100人中100人体温が上昇します。それなのに、動悸、脈拍は大きな変化がありません。

その様子はNHKの「ためしてガッテン」でも大きく取り上げられ、反響を呼びました。

冷え性・低体温が改善したと評判の調圧ルームの口コミをご覧ください。

長年の冷え性が治った!冷え性改善口コミその1

私は極度の冷え症でした。

冷え性を改善するため、生姜が良いと聞けば大量に生姜を買い込み

冷え取り靴下が良いと聞けばネットで購入しヒートテックが良いと聞けばユニクロに走ったものでした。

特に足先の冷えはすさまじいもので真冬は何枚靴下を重ねて履こうが一向に温まりません(^_^;)

真夏でも靴下は欠かせず、寝る時も当然履いていました。

ハイヒールのような足先を締め付ける靴を履くと真夏でも、しもやけになるほどでした。

色々な対策もさほど効果が無く、長年、だましだまし冷え性と付き合ってきました。

 

ところが今は靴下を履かずに寝ることが出来るようになったのです。

お風呂から上がるとすぐに靴下を履かなければならなかったのに今では履かずにいられます。

これは仙台アトモスで調圧ルームにはいるようになってからの変化です。

 

 

調圧ルーム仙台にはいって感じた事はまず、冷えは身体を温めるだけでは治らないということ。

いくら半身浴や足湯につかっても根本改善には至りませんでした。

表面が温まっても体の中が冷たいと感じます。

 

細胞一つ一つに酸素を行き渡らせ、ミトコンドリアを活性化してエネルギーを作り出すという

調圧ルーム仙台は身体の内側から冷えを解消してくれるようです。

よって以前私が感じていた、表面だけ温かいと言ったことは全くありません。

真の健康は体の内側から、ということを実感しました。

冷えを改善して子宮筋腫予防!冷え性改善口コミその2

私、ただ今、子宮筋腫を定期的に経過観察しております。

私の場合、痛くも痒くもなく、特に何の症状もないのですが、子宮筋腫・・・。

なんで子宮筋腫はできたのかな・・・

いろいろと勉強していくうちに、やっぱりか・・と思うところにたどり着きました。

原因は「冷え症」にあったのです。

 

私はずっと冷え症を自覚しながらも、長年改善出来ずにいたのです。

身体を温めると言われる生姜を意識して食べたり、筋肉を付けるといい!と聞いて運動をしてみたり、

体温を35℃台から36℃台にしたくて自分なりに努力もしてみたものの

「体温を1℃上げる」壁はなかなか高く、冬はもちろんひどく寒がりで、

夏でもクーラーが嫌いな冷え冷え人でした。

 

調べてみると、体温の低い人は、全身を流れる血液の温度も低くなり、

それに伴って血のめぐりも悪くなってしまうので、身体にとって大事な栄養や酸素を運ぶ血液の流れが悪くなり、

女性は真っ先に影響を受けやすいといわれている「子宮」や「卵巣」にも十分な栄養がいかなくなります。

その結果、さらに「子宮」や「卵巣」の免疫力が下がり病気に対する抵抗力も弱くなってしまいます。

私が子宮筋腫をもつに至ったにのは、正にこれですね!

 

調圧ルームを利用するようになってから、私の冷え性も大分緩和されてきました。

体温が37度で「発熱だー!」と大騒ぎしていた頃が嘘のようです。

病気の元の冷え性改善には調圧ルームは強い味方です(^^)v

低体温で医師から調圧ルームを紹介される!冷え性改善口コミその3

 

冷え性に悩み、大きな病院を訪れた年配の女性。

医師からは調圧ルームを紹介されました。

女性は早速、調圧ルームに2時間入ったところ、

「足のつま先まで温かくなった」と驚かれたとのこと。

教えてくださったお医者さんにも大変感謝されているそうです。