仙台で低気圧頭痛なら

台風が近づくと具合が悪い、曇りや雨の日が続くとどうも調子がでないという方も多いのではないでしょうか。今日の仙台は昨日より晴れ間がみえます。陽がさしてくると体も心も喜んでいる気がしますね。

私もコンディションによっては、目覚めてすぐに

「頭が痛い・・いつもよりだるいな・・」

という時があります。

気圧アプリをダウンロードしていて、そういう時に調べると決まって『只今爆弾低気圧!』など書いてあり一日の気圧グラフが大きく波打っています。

身体で天気が分かるなんてなんだかエスパーになったような気持ち!・・・人の体の水分量は約60パーセントです。人間の体は本当に天気や季節とも密接に関わっているのですね。

そのなんだか具合の悪い感じに関わるのが自律神経です。

気圧が低い時に起こりやすい症状

頭痛、肩こり、だるさ、古傷の痛み、体調の悪化などがあります。

 

低気圧でなぜ体調不良になるのか

気圧が低下すると大気から圧力が低下し体が膨張します。膨張で血管やリンパの流れが生む圧力も低下、平時より血行不良を起こし体調不良になります。

つまり低気圧=血流=リンパの循環不良➝体調不良ということになります。

 

自律神経と低気圧

低気圧=曇りだったり雨だったりの天気の悪い日です。

低気圧のときは自律神経の副交感神経が活発に働きます。

天気が悪い時の他に副交感神経が働くときは呼吸から酸素が薄い、目からの光が少ない(暗い)、内耳にかかる圧力の変化などがありますが、気圧が変化したことを感知すると「活動に適さない環境」と判断し副交感神経が優位になります。そうすると体は「休息、エネルギー貯蓄モード」に切り替わります。体がそのモードに切り替わることで、

・血圧、血糖、心拍低下

・疲労、意欲低下

などが起こります。低気圧=なんだかだるい・・は、体が「今は活動に適さない、じっとしていなさい」と指令をだしているということです。

 

急激な気圧の変化に注意

台風のように、いきなり大きく気圧が低下し始めると、副交感神経の急な調整が行き過ぎて不調を感じます。自律神経の調整がその変化に少しずつ同調して追いついていれば、それほど不調原因になりません。一番気をつけるべきは、気圧変化最中と急激な気圧低下です。

対処方法

天気を変えることは出来ませんが、血流を上げるために軽い運動やストレッチをしたり、ゆったりと入浴して体の巡りを良くすることで不調をやわらげる事ができます。

仙台で自立神経バランスを整えるなら調圧ルームアトモス

がんの代替療法なら調圧ルーム

自律神経を整えるには仙台調圧ルーム「アトモス」です!

血行を促進、中でウトウト寝てしまう程のリラックス効果のある調圧ルームは、たくさんのお客様にも喜ばれております。

細胞に酸素を取り込み、体温を上げる効果は、癌(がん)の代替医療しても注目されています。

調圧ルームアトモスについて、詳しくはこちら。