自律神経とは、呼吸器や消化器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。活動する神経「交感神経」と休む神経「副交感神経」の二つに分類されます。必要に応じて自動的に切り替わって働くようになります。眠れない、めまいなどの様々な症状が自律神経の働きに関係してきます。

原因

日常生活から考えられる原因としては、精神的・身体的ストレスからくるもの。これは、人間関係や仕事でのプレッシャー、悩みや不安などによる精神的ストレス、過労、疲労、さらには音や光なども身体的ストレスとなって、自律神経の乱れの主な原因になってきます。

他にも、不規則な食生活や慢性的な寝不足、昼夜逆転など不摂生を続けていると、生体リズムが崩れ、自律神経の乱れが起こります。自律神経失調症や更年期障害などの疾患が原因で自律神経の乱れを引き起こすこともあります。

自律神経の乱れが引き起こす疾患

・自律神経失調症

不規則な生活習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるために起こる様々な身体の不調のこと。内臓や器官の病変によるものではないので、病院で検査しても「異常なし」と言われるそうです。自律神経失調症の症状は、人によって様々で、いくつかの症状が重なって現れたり、症状が出たり消えたりする場合もあります。

・神経性胃炎

仕事などによる精神的ストレスや過労が原因となる胃炎です。ストレスが過剰にまたは長期的にかかることによって、自律神経が乱れて胃のぜんどう運動が通常道りできなくなり、食べ物をうまく消化できなくなってしまうのです。

・過剰性腸症候群

「緊張するとお腹が痛くなる」、「通勤(通学)電車でお腹が痛くなる」という風に、誰でも経験があるのではないでしょうか。過剰性腸症候群の原因は、胃や腸の病気ではなく、精神的なストレスによる自律神経の乱れから起こります。

・メニエール病

ストレスなどが原因で内耳のリンパ液に異常が生じます。自分や周囲がぐるぐる回るめまいと、どちらかの耳だけ起こる耳鳴り、そして難聴の3つ症状が同時に起き、多くの場合吐き気や嘔吐をともないます。

・過呼吸症候群

強い不安・恐怖・緊張などの精神的ストレスをきっかけに、過呼吸が誘発されてしまう症候群です。身体的には異常はみられません。通常は30分~1時間で止まり、それ以上続くことは極めて稀です。

予防法

自分がストレスに強くなる。仕事や学校などでの人間関係による逃れられないストレスとうまく付き合っていくことが大切です。前向きに考える、楽観的にとらえる、誰かに相談したりすると気持ちがすっきりします。心身をリラックスさせる方法を見つけるのも良いでしょう。例えば、心地の良い音楽を聴いてみたり、お風呂にゆっくりつかってみたり、たまにリラックスすることを心掛けましょう。生活スタイルを見直すことも自律神経の改善に繋がります。そして、適度な運動をしましょう。体を動かすことによって一つのことに熱中するので、悩んでいたことを忘れられるし、気持ちがすっきりします。このようにして予防をしていきましょう。自律神経の乱れは誰にでも起こりうる症状です。自分は健康だからといって無理をすると身体を壊してしまうので、たまには肩の力を抜いて好きな事をする時間を設けましょう。

疲れを取るなら、仙台の調圧ルーム「アトモス」での快眠もおすすめです。ぐっすりと熟睡される方が多いです。